TOP > インタビュー 一覧

  9 月25日(日)東京・後楽園ホールにて行われるMA日本キックボクシング連盟『BREAK-17~Khaos~交流戦6番勝負』の副将戦で、岩井伸洋 (NJKF・OGUNI)と対戦する町田光(橋本道場/MA日本スーパーフェザー級王者)。7月のデンサイアム戦では敗れてしまったが、それまでに驚異の 9連勝をマークした。一部で話題のキモいムーブのこと、そして「キック界で革命を起こしたい」というその理由などを聞いてみた。(2011年9月21日 UP)

PROFILE
町田 光(まちだ・ひかる)
1987年7月23日、東京都出身
身長170cm
2007年10月21日、布施将人戦でプロデビュー
2009年5月10日、佐藤琉に2RKO負けしてから驚異の9連勝をマーク
2011年5月8日、MA日本スーパーフェザー級王座決定戦でRIOTを2RKOで破り第9代王者に
2011年7月18日、デンサイアム・ルークプラバーツ(タイ)に判定負け
戦績:17戦13勝(4KO)4敗
橋本道場所属

 岩井を沈めて引退に。その後は……

――試合が近づいてきました。今はどういう心境ですか?

「対戦相手の岩井が3年間も勝っていないんです。なのでこの試合を最後に引退しちゃうんじゃないかと思っているので、素敵な引退試合になるように自分が沈めてやります。安心して引退して下さい。気持ちよくKOします!」

――いきなり挑発ですか。岩井選手としては今回の試合を再起戦として考えていて、めちゃくちゃ気合いが入っているかもしれないですよ。

「そうですかね。向こうは僕に勝てますか? それは無理でしょう。岩井と僕 とでは全部違いますよ。スピードは速い選手ですが、自分の方が速いです。岩井を倒したらその後は同じOGUNI-GYMの中須賀(芳徳)も倒そうと思って います。WBCムエタイ日本スーパーフェザー級タイトルを狙いたいので、岩井はもう踏み台ですよ。何で今さら岩井とやらなきゃいけないのかなと思うんです よね。それから自分は早く“狂拳”竹内裕二とやりたいんです」

――王者としての初陣だった7月のデンサイアム・ルークプラバーツ戦では、判定負けでした。あの試合を今振り返ってどうでしたか?

「初めてのタイ人との試合でしたが、本当はあのまま勝って、日本人のトップ に行くんだろうなと思っていました。負けてしまいましたが、ただじゃ終わらないです。あの試合によって首相撲に対する意識がだいぶ変わりました。なので、 タイ人相手ではまだまだですが、日本人には負けないぐらいのものを持っています」

――今まで首相撲を重視した練習はされていなかったんですか?

「首相撲のことがよくわからないというのもあって ・・・

町田光インタビュー内容
■岩井を沈めて引退に。その後は……
※以下、会員の方のみご覧になれます。
■居合いパンチなど、キモイムーブが出来るまで
■「僕がキックボクシングの名前を変えます」

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================

TOP > インタビュー 一覧

イベント日程
2011年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る