TOP > インタビュー 一覧

 大みそかにさいたま スーパーアリーナで開催される格闘技イベント『元気ですか!!大晦日!!2011』にて、Krush YOUTH GP2011王者の野杁正明(OISHI GYM)と対戦することが決まった園田。この大舞台での大一番に向けて燃えている園田を直撃した。(2011年12月26日UP)

PROFILE
園田顕悟
(そのだ・けんご)
1991年12月24日、宮崎県出身
身長169cm、試合体重64kg
幼少期から空手を学び、高校在学時にキックボクシングの練習を開始
2008年、2009年に“前蹴り王子”というニックネームでK-1甲子園出場
2010年10月31日、ライズのアマチュア大会KAMINARIMONの全国大会で優勝
2011年6月12日、第22回全日本新空手道選手権大会で優勝、交流大会を合わせ7度目の優勝を果たす
同年10月10日、「Krush YOUTH GP 2011」でプロデビュー戦
プロ戦績:2勝1敗
小比類巻道場所属

■蹴り合いなら野杁にも負けないと前から思っていた

ーー大みそかのオファーを受けた時はどんなお気持ちでしたか?

「突然だったので最初はビックリしたんですが、これは大きなチャンスだと思いすぐに出場することを決めました」

ーーちなみに去年の大みそかは何をされていましたか?

「忘れました(笑)」

ーー対戦相手が野杁選手だと聞いてどう思いましたか?

「今まで戦ってきたどの相手よりも強い選手だと思います。でも逆に、野杁選手を倒せば自分がトップに立てるのでチャンスだと思って練習しています」

ーー最近の野杁選手の試合はご覧になっていますか?

「はい。『Krush YOUTH GP 2011』(12月9日)の決勝と準決勝の2試合を会場で見ていました。とにかく蹴りが上手い、という印象が一番あります。全体的にパワーもありそうですね」

ーーでも、蹴りなら負けない自信があるんじゃないですか?

「蹴りは自分も自信があるので、蹴り合いなら野杁選手にも負けないと前から思っていました」

ーー特に園田選手はフルコンタクト空手出身なので、蹴りのバリエーションの豊富さでは野杁選手よりも上なのでは?

「そのバリエーションの多さでも自分の方が上だと思っていますし、技のスピードにしても威力にしても自分の方が上なんじゃないかっていうのはあります」

ーー特に警戒する部分はありますか?

「Krushで卜部功也選手をKOしたヒザ蹴りは要注意ですね」

ーー園田選手と言えば前蹴りですが、前蹴りにはどれくらいのバリエーションがあるんですか?

「相手によって蹴り方を変えていくんですが、自分の中で前蹴りは3パターンあります。どれも自信がありますね。でも、今は前蹴りだけでなく、パンチでも蹴りでも一通り出来る自信があります」

ーーまだ試合では見せていない、自信のある蹴り技はありませんか?

「蹴りなら全て自信があります。ロー、ミドル、ハイ、後ろ蹴り、後ろ廻し蹴り……何でも出来ます」

ーー野杁選手は2009年のK-1甲子園に突如現れて優勝し、常に注目されてきた存在です。それを見てどう思っていましたか?

「K-1甲子園でもYOUTH GPでも、いつも自分より上にいる選手なので、いつか絶対に対戦して倒したいと思っていました」

ーー野杁選手のことはいつ頃からご存知でしたか?

「実は、野杁選手がK-1甲子園に出る前に、大阪のチーム吉鷹で一緒に練習したことがあるん ・・・

園田顕悟インタビュー内容
■蹴り合いなら野杁にも負けないと前から思っていた
※以下、会員の方のみご覧になれます。
■野杁戦で見てもらいたいもの、そして来年の野望とは?

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

TOP > インタビュー 一覧