TOP > インタビュー 一覧

【動画】2013年9月15日 ゲーオvs梅野のノーカット試合動画
「M-FIGHT SUK WEERASAKRECK III Part.2」でのゲーオvs梅野の試合動画

 2月11日(火・祝)東京・大田区総合体育館で開催される『NO KICK,NO LIFE 2014』にて、8年間もvs日本人無敗を誇るムエタイの超強豪ゲーオ・フェアテックス(タイ)と対戦する石井。この試合は「キック人生20年間の集大成」だと言う石井の覚悟とは。(取材日:2014年2月8日)

PROFILE
石井宏樹
(いしい・ひろき)
1979年1月16日、東京都目黒区出身
身長176cm、体重68.0kg
藤本ジム所属
※詳細は選手名鑑へ→

■第1章 ゲーオは今までやってきた中で最強の相手

ーーいよいよ、ゲーオとの決戦が目前に近付いて来ました。

「最初に試合を見た時に“いずれやるんじゃないか”って感じたんです。出場している団体が違うのでそう簡単には実現しないと思っていたんですが、やるべき時が来るのではないかな、と縁を感じる選手でした。

 ゲーオは自分が今までやってきた相手の中でも最強の相手だと思います。見ているだけでも強いのが分かるので、実際にやったらどれだけ強いのかが楽しみですね。そして、その選手に勝った時の喜びはとてつもなく大きいんだろうなって、ワクワクしています」

ーーゲーオは昨年11月、梅野源治選手をKOしていますが、改めてあの試合をどう見ましたか?

「梅野選手がどれだけやるのか楽しみでしたし、梅野選手がゲーオを倒すためにどういう作戦で来たのかなっていうのも凄く興味がありました。欲を言えばもっと長いラウンドが見たかったんですけれど、ゲーオは距離の取り方やタイミングなどがやはり一流の選手だなって感じましたね。

 あと、目がいいのとタイミングの良さ。タイ人の上のクラスになるとみんなそうですけれども、誘っておいてヒジを打つなど、駆け引きの上手さを凄く感じました」

ーー今、どういう心境ですか?

「ここまで来たら相手はゲーオですから。当たって砕けろじゃないですけれど、やるだけです」

ーーやるからには勝つ自信があるんですよね?

「もちろんです」

ーーゲーオは石井選手のようなコンビネーションを多用する選手とはあまりやっていないので、コンビネーションが決まるのでは?

「コンビネーションが決まらないだろうと思って試合はしません。これまでの20年間、培ってきたものを全て出します。それで勝った時の眺めが楽しみです。自分はラジャダムナン王座を獲った時の眺めってどんな眺めなんだろうって思ってそこを目指していましたし、今回もとんでもない眺めが見えるんじゃないかなってワクワクしています」

ーーどう戦おうと思っていますか?

「ゲーオはパンチも蹴りも強いので、まず防御をしっかりします。同じ人間なのでどこかで隙は生まれるはず。そこを狙っていこうと思います」
・・・

石井宏樹インタビュー内容
■第1章 ゲーオは今までやってきた中で最強の相手
第2章 石井がこの試合で伝えたいこと

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================

【動画】2013年9月15日 ゲーオvs梅野のノーカット試合動画
「M-FIGHT SUK WEERASAKRECK III Part.2」でのゲーオvs梅野の試合動画

TOP > インタビュー 一覧

イベント日程
2014年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る