TOP > 月間MVP 一覧

GACKTとの出会いと合氣道が梅野源治をさらに強くした=11月度ベストファイターインタビュー

僕はやらずに否定する人間にはなりたくない

 大和哲也からは合氣道に誘われた。大和自身、学んだ合氣道とキックボクシングを融合させた「合氣ック」として、今年に入ってから3連続KO勝利を収めている。

「僕も最初は気の力とか全く信じていませんでした。でも僕が合氣道を体験して思ったのは、身体全体を上手く使っている印象なんですね。パンチだったら上半身だけで打つのをいかに下半身から力を指先まで伝えて放出できるか。首相撲もそうですが腕の力だけで振り回すのではなく、身体全体を使って足から上に力を伝えていってそれで相手を投げたり崩したりする。そういう身体の使い方を、合氣道を教えてもらったことによってより体現しやすくなりました。

 実は今回KOしたヒジ打ちも、合氣道の練習に行った時に教えてもらった力の伝え方で打ったんです。縦ヒジであんな倒れ方をしたのって僕は見たことがないです。きっと打ち方と言うか身体の使い方でああなったんだろうなって自分でも分かった。前日に行われたK-1で、大和選手が左フックでKOしましたよね。あのフックもちょんと触ったような打ち方だったじゃないですか。あれも体の使い方なんです。ジムでのミット打ちでも明らかに技が重くなったと言われます。ウチのタイ人トレーナーは合氣道のことを信用していないんですが(笑)、現実として重くなっていると言っているので間違いはないと思います」

 SNSで梅野がGACKTから技を教わっている動画や、合氣道を学んでいる写真などがあがっている。ファンや関係者から「梅野は何をやっているんだ」との声が上がることは予想していたという。

「それもみんな分かっていないだけで、僕は朝に自分でトレーニングをがっつりやって、昼にはGACKTさんの自宅に行ってトレーニングし、夜はPHOENIXでがっつりムエタイの練習をやっています。僕はまったく遊んでいないし、GACKTさんとも遊んでいるわけじゃない。今回の試合結果で驚いた人もいると思います。よく分からないキックボクシング以外のことをやっていて、勝てないだろうって思っていた人はたくさんいたと思うんですよ。でも僕からしたらプラスなことしかしていない。ジムでの練習を100%した上でそこに120%、130%と上に乗っけていっただけです。だから僕は今回の試合前は自信がありました。

 ファンが否定する気持ちは分かりますが、僕はやらずに否定する人間にはなりたくないなって思っています。何でもかんでもあれは違う、俺のやり方でやれっていう人がいるじゃないですか。そういう人は違うなって僕は思います。特に合氣道なんて、あんなこと出来るわけがないって言われやすいじゃないですか。でも現に結果を残している選手がいるわけです。ということは僕にもプラスになる可能性がある。もしかしたら合わない可能性もありますが、やってみないと分からない。やってみようと思ってやって、結果がよかったのでやってよかったと思っています」

 次回の試合は2018年2月18日、東京・後楽園ホールで開催される『REBELS.54』で予定されている。

「2月は出来ればルンピニーのタイトルマッチをやりたい。その相手はやりたくない相手です」という梅野。現在のルンピニースタジアム認定ライト級王者はヨードレックペット・オー・ピティサック(タイ)。ヨードレックペットは梅野が5月の防衛戦で敗れて失ったラジャダムナンスタジアム認定同級王座も保持しており、現在統一王者として“最強”の座に君臨している。梅野とは2015年12月、2016年10月と2度対戦し、1勝1敗の宿命のライバルである。

「1回目も2回目も、どちらも試合後には満身創痍の交通事故状態になっているので嫌ですが、見る方は面白いんじゃないかな。キックボクシングを始めて約10年経って、今が技術的にも肉体的にも一番強いんじゃないかって思います。会長からも今が間違いなく全盛期だって言われますし。もちろんここからまだ伸びる可能性も全然ありますが、現時点では今が一番強いと思います。だからこそ、ルンピニーのタイトルマッチをなるべく早くやりたい」

 梅野の目標は、ルンピニー、ラジャダムナン、WBCムエタイの3つのチャンピオンベルトを巻くこと。ルンピニーとラジャダムナンは世界中の誰もが認める強さの象徴であり、WBCはボクシングで一般の人にも知られている知名度のある団体が認定しているタイトルだ。

 WBCムエタイ王座は現在も保持しており、ラジャダムナンのベルトはすでに巻いた。残るはルンピニー王座だが、ムエタイ500年の歴史の中でルンピニー王座に就いたタイ以外の国の選手はわずかに2人(2人ともフランス人)しかいない。ルンピニー王座に就いた日本人は、約50年の歴史があるキックボクシング史上1人もおらず、当然この3つのタイトルを手にした日本人はまだいない。

“オンリーワン”を目指し、梅野の挑戦はまだ続く。

●受賞者・梅野が喜びを語る

 今回のベストファイター受賞について梅野は、「常に何においても一番を目指しているので嬉しいです。特に関係者の方に選んでもらえるのは価値があると思います。あいつが一番凄かったって評価してもらえたのは自信につながりますし、また次も選んでもらえるようにいい試合をしたいと思います」と語った。

 なお今回受賞した梅野には、イーファイトより記念の盾と、ゴールドジムからアルティメットリカバリーなどのサプリメント3種類が贈られる。

 梅野にサプリメントの利用方法について聞くと、「僕はあまりサプリメントに頼らない方だったんですが、GACKTさんに吸収率を高める方法を教えてもらってからはプロテインと酵素サプリを飲んでいます。疲労回復はもちろん、エネルギーにもなります」と答えた。



TOP > 月間MVP 一覧