TOP > ニュース

【J-NETWORK】復讐の松下「夢の中で35回KOした」

2014/07/23(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲初代ピン級王座を争うChihiro(左)と松下(右)

 7月27日(日)東京・新宿FACEで開催される、J-NETWORK主催男女合同興行『J-FIGHT&J-GIRLS 2014 4th』のセミファイナルにて、J-GIRLSピン級初代王座決定トーナメント決勝戦を争うJ-GIRLSピン級2位・キラッ☆Chihiro(魁塾)と同級3位・松下えみ(T-KIX GYM)のコメントが主催者を通じて届いた。

 両者は昨年5月に初対戦し、Chihiroが判定勝ちしている。Chihiroの返り討ちか、松下のリベンジか、初代王座に就くのはどちらか。

 松下は「当初は私も体重が軽くて、前蹴りで吹っ飛んでいましたね(笑)。でもChihiro選手は間合いを取るのがうまくてキレイですが、一発の攻撃は強くないのでダメージはなかった。だからやっている時は“私の方が勝った”と思ったけれども、後々映像を見たら結構もらっているし、ガードも低いし見過ぎてしまっていて反省だらけでした」と初対決を振り返る。

「もう、恋かと思うくらいChihiro選手は何回も夢に出てきました。35Rくらいやって35KOしたし(笑)」と、夢の中で戦うほど再戦を待ち望んでいた松下は、「正々堂々と戦いましょう」とChihiroにメッセージを送った。

 一方、Chihiroは初対戦の印象を、「想像通りの気持ちの強さでした。松下選手の試合は延長までいったら負けると思っていたので、本戦で、1Rから決着つけようと思っていました」と振り返る。

 再戦については「1回勝った相手とはやっぱりやりにくいです。でも4月の松下選手の試合を見てかなりパワーアップしていると思ったので、気持ち的にはフラットになりましたね。前回の試合は関係ないという気持ちで今回挑もうと思います」と、気持ちを引き締めた。

【大会・チケット情報】 7・27 J-NETWORK 「J-FIGHT&J-GIRLS 2014 4th」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース