TOP > ニュース

【NJKF】梅野、WBCムエタイ世界王座奪取に自信

2014/11/05(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲梅野(左)は元ラジャダムナン王者ジョムピチット(右)とWBCムエタイ世界王座を争う

 11月15日(土)東京・後楽園ホールで開催される『NJKF 2014 8th』にて、WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王座決定戦を争う梅野源治(PHOENIX)のコメントが主催者を通じて届いた。

 当初、梅野はWBCムエタイ世界スーパーフェザー級3位&ルンピニースタジアム認定同級6位ヨックウィッタヤ・ペッチシームエン(タイ)と王座を争うことが決まっていたが、代わってジョムピチット・チュワタナ(タイ)と王座決定戦を行う。梅野はすでに対戦相手を調査済み。

「今はジョムピチットですけれど、前はマァピチットという名前でやっていて、トレーニング映像も結構出ている有名な選手だったんです。ラジャダムナンスタジアムで1年前にフェザー級のチャンピオンにもなっていて、最初は名前が違うし、戦い方・タイプも変わっていたから同一人物だと分かりませんでした。

 マァピチットの時は首相撲専門みたいに、ずっと首相撲で来る感じだったんですけど、今はもうテクニシャンで首相撲はほぼやらないです。距離を取ってミドルキック、全く戦い方が違っていました。ただ、距離を取って綺麗に戦うタイプの選手なので、相性的にはいいのかなっていう感じがします」

 突然の対戦相手変更にも戸惑いは無く、むしろジョムピチットの方がやりやすい相手だと梅野は言う。

「今は待って相手が来たところにミドルキックを合わせていくスタイルだと思うんですが、そういう方がこっちのフェイントに引っ掛かりやすいと思うんです。逆にこの前のシントンノーイ(9月にM-FIGHTで対戦してドロー)のようにガンガン前へ来る選手だと、フェイントもそこまで見てくれないと言うか。今回は見てくれるので、そういった意味では自分のペースでガンガン前に行きながら、フェイントも引っ掛かってくれるんじゃないか、やりやすいかなって思います」

 そして、日本人初となるWBCムエタイ世界タイトル奪取にも自信をみなぎらせる。

「テクニックが凄くて、巧さに長けた選手です。この前まで相手だったヨックウィッタヤにも勝っているし、今ルンピニーの3位になっているムアンタイにスーパーフェザー級契約で勝っています。でも、このレベルに来たらもうどの選手も強いので、その高いレベルの相手に勝てるようトレーニングをしてきているし、今回も相手が変わったから焦るとか、そういうことは一切ありませんでした。トレーナーが言うアドバイスを聞きながら、このまましっかり練習していけば勝てると思うし、大丈夫です」

 なお、 今大会は当日17:00からニコニコ生放送にて全試合生放送されることも決まった。番組は16:30からで大会開始前には記者会見や計量の模様が放映される。

☆【関連動画】大和がWBCムエタイ世界タイトルマッチ前哨戦でTKO勝ち

☆【関連動画】梅野がWBCムエタイ・インターナショナル王座を獲得

【大会・チケット情報】 11・15 ニュージャパンキックボクシング連盟 「NJKF 2014 8th」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2014年11月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る