TOP > ニュース

【J-NETWORK】次世代選手発掘、新人王トーナメント開催

2015/01/29(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲リベンジを狙う洸武(左)と青森から上京してきたアニメオタクの松木(右)

 2月22日(日)東京・新宿FACEで開催される『J-FIGHT in SHINJUKU~vol.41~』より、2015年新人王トーナメントが開幕。今年はスーパーフライ級、フェザー級、スーパーフェザー級、スーパーライト級の4階級で新人王の座が争われる。

 J-NETWORKは昨年より、8戦以下の選手を対象としたワンデートーナメント「Next Generation Cup」(以下NGC)を開催するなど、次世代を担う新鋭選手の発掘に力を入れてきた。今回の新人王トーナメントにも、様々な新鋭たちがエントリー。

 昨年10月のNGC -65kg級トーナメント1回戦で対戦した、洸武(こおぶ/HIDE GYM※山中洸武より改名)と“最強アニヲタ 青森灼眼のシャナ”松木集(WSRフェアテックス)が早くも再戦する。前回は洸武がスピードで松木を翻弄してペースを握るも、2Rに松木が不意に放った後ろ蹴りが洸武のレバーを直撃し、劇的な一撃KOで逆転勝利を収めた。

 その松木はNGC準決勝敗退の悔しさから、同郷出身のWPMF世界スーパーバンタム級王者・一戸総太の背を追い青森から上京。WSRフェアテックスに入門し、新たな環境で今回のトーナメントに臨む。

 また、九州のキックボクシング大会『KING』から朝久道場、吉田道場、勇誠会の三道場が参戦。昨年9月のNGC -55kg級で朝久泰央が優勝したように、九州勢の猛威を関東で見せつけるのか。

 

J-NETWORK
「J-FIGHT in SHINJUKU~vol.41~」
2015年2月22日(日)東京・新宿FACE
開場11:30 開始12:00

<決定対戦カード>

▼J-NETWORK 2015 スーパーライト級新人王トーナメント 1回戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
洸武(こおぶ/HIDE GYM)※山中洸武より改名
vs
松木 集(まつき・あつむ/WSRフェアテックス/元聖域東北ウェルター級4位)

▼J-NETWORK 2015 スーパーライト級新人王トーナメント 1回戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
実方拓海(さねかた・たくみ/TSKjapan)
vs
内堀裕斗(UNDER GROUND)※デビュー戦

▼J-NETWORK 2015 スーパーフェザー級新人王トーナメント 1回戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
横山 巧(リーブルロア)
vs
白石喜一(朝久道場)

▼J-NETWORK 2015 スーパーフェザー級新人王トーナメント 1回戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
隼世(はやせ/CMG)
vs
聖(さとる/チームゴキゲンドリ)※デビュー戦

▼J-NETWORK 2015 フェザー級新人王トーナメント 1回戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし 
勇志(勇誠会)
vs
中尾龍慧(なかお・りゅうせい/谷山ジム大和)

▼J-NETWORK 2015 フェザー級新人王トーナメント 1回戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし 
半澤信也(トイカツ道場)
vs
SHUN JANJIRA(JANJIRA GYM)※デビュー戦

▼J-NETWORK 2015 スーパーフライ級新人王トーナメント 1回戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
松岡宏宜(まつおか・ひろき/闘神塾)
vs
星☆葵(ほしき/吉田道場)

▼J-NETWORK 2015 スーパーフライ級新人王トーナメント 1回戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
渡辺 亮(武風庵)
vs
日比生晋一(ひるお・しんいち/朝久道場)※デビュー戦

<チケット料金>
SRS席7,000円 S席5,000円 A席4,000円
※当日券は各席1,000円増し。

<チケット販売所>
CNプレイガイド
J-NETWORK=TEL:03-3498-2350

<お問い合わせ>
J-NETWORK=TEL:03-3498-2350

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース