TOP > ニュース

【MA日本キック】4度の防衛戦の大野、狙うは他団体ベルト

2015/07/18(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲MA日本バンタム級タイトルマッチで対戦する王者・大野貴志(左)と挑戦者・片島聡志(右)

 7月19日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『TRADITION.4~MAキック30周年記念興行~』のMA日本バンタム級タイトルマッチで対戦する王者・大野貴志(士道館新座)と挑戦者・片島聡志(WSRフェアテックス)の試合直前コメントが、主催者を通して発表された。

 4度目の防衛戦に向けて大野は「より一撃で倒せるパワーとスピード」を強化してきたといい、「自分の試合を観に行きたい、と思われる様なアグレッシブな試合を目指しているのでそこを観てもらいたい」とファンにメッセージを送る。挑戦者については「とても動きがありテクニックがある」と印象を語り、「沢山の関係者、チャンピオンが集まる盛大な大会に出場できる事を嬉しく思います。今後は更に防衛を重ねつつ、他団体のベルト獲りに行きたいです」と野望を語った。

 対する片島は「(大野は)凄くアグレッシブなキックボクサー」と評し、「チャンピオンが集結する大会に出られることをとても嬉しく思います。今回は勝ちに徹します。その上で観客に『片島強いな~』と感じさせたいです」とベルト奪取に自信を見せる。戴冠後は「チャンピオンとしてムエタイ路線で上を目指していきます」と目標を掲げている。

【大会・チケット情報】 7・19 MA日本キックボクシング連盟 「TRADITION.4~MAキック30周年記念興行~」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース