TOP > ニュース

【巌流島】ボビー・オロゴンがアフリカ最強戦士を送り込む

2016/01/28(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ボビーが送り込むセネガル相撲最強のグランドチャンピオン、ブドゥ(写真)。さらにもっと恐ろしい部族の最強の男を招聘すると予告した

 3月25日(金)東京・TDCホールで開催される『巌流島 STARTING OVER 公開検証3』の記者会見が、1月28日(木)都内にて行われた。

 今大会に、タレントのボビー・オロゴンが発掘してきたというセネガル相撲のグランドチャンピオン、グリス・ブドゥ(セネガル/190cm/130kg)の参戦が決定。

 セネガル相撲の選手は2015年2月に行われた第1回大会にも参戦したが、トーナメント1回戦で僅か38秒で敗退。谷川貞治広報部長は「前回の選手は僕が見つけてきたんですが弱かった。今回はボビーさんに本物の強い選手を連れて来てもらいました」と紹介。セネガル相撲とは砂が敷き詰められた四角い土俵で戦い、素手によるパンチ、キックもOKでとにかく相手の膝か背中を地面に付けさせれば勝ちとなる。

ブドゥと対戦するモンゴル相撲のバル・ハーン

 会見に出席したボビーは、「ワニガワ(谷川氏のこと)が言った通り、前回呼んだセネガル相撲はダサかった。アフリカをナメんじゃねえぞ。今回の選手はどんな選手が来ても負けることはない。グランドチャンピオンは10年に1回しかなれないと言われているくらいで、それになった英雄だ」とブドゥを紹介した。

 対戦相手は第1回大会に出場した元大相撲東十両三枚目・星風の兄バル・ハーン(モンゴル/193cm/125kg)。2002年、2007年のモンゴル相撲大会優勝の実績を持ち、過去にDEEP、DREAM、IGFに総合格闘技ルールで参戦したこともある。

挑発するボビーに星風は「俺がやってやる」。ズル族最強の男との対戦が実現するか

 会見にはバル・ハーンと星風が出席し、日本語が話せない兄の代わりに星風が「兄が出ます。相手もいい身体しているけれど、兄は身体も大きいし強い」とアピール。するとボビーが「お前のお兄さん死にますよ」と挑発。これに対し、星風が「代わりに俺がやってもいい。ボコボコにしてアフリカに帰れなくしてやってもいい」とアツくなる場面も。

 ボビーはさらに、「ワニガワはセネガル相撲よりも恐ろしい戦いがアフリカには存在することを知らない。ズル族の戦いを知らないだろう。スル族も交えたら迫力がある」と、ズル族という民族に伝わる格闘技にさらなる怪物がいると発言。

 すかさず「出して欲しい」と谷川広報部長が言うと、ボビーは「今年はアフリカの年にしてもいいから呼ぼうか。自分の中でアフリカで一番強いと思っている2人を連れてくる」と、アフリカ最強の男を連れてくると予告した。

●編集部オススメ記事
・復活・田村潔司が秒殺一本勝ち
・レスリング全日本王者・岡倫之が圧勝
・実験検証道場マッチで激闘続出
・8つの異種格闘技でキックボクサー優勝 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース