TOP > ニュース

【WSOF】WSOF-GC社長がもう1つのWSOFとの関係性について言及

2016/02/06(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

WSOF-GCショーン・ライト社長

 2月7日(日)東京・TDCホールにて開催されるアメリカのMMA(総合格闘技)大会『World Series of Fighting GLOBAL CHAMPIONSHIP』(ワールド・シリーズ・オブ・ファイティング・グローバル・チャンピオンシップ=通称WSOF-GC)日本大会の前日計量&会見が、6日(土)都内にて行われた。

 会見冒頭でWSOF-GCショーン・ライト社長は、アメリカ本土で大会を開催している元K-1戦士レイ・セフォーが代表を務めるWSOFとの関係について言及。

「WSOF-GCはアメリカのWSOFの分身であり、両社がお互いに手を取りながらWSOFのブランドを高める目的で活動しています。二つの組織の目的は、世界中から最良のファイターを見つけ、WSOFはアメリカの舞台で、WSOF-GCはアメリカ以外の舞台で戦うことです。日本大会で良い戦績を収めた選手はアメリカのWSOFでも戦ってもらいたいと思います。逆にアメリカでの有力な選手は日本や中国でも戦ってもらいたいと思っています」

 WSOF公式サイトでは、今回の日本大会の宣伝をしており、「アメリカのWSOFとGCは別団体ではないのか、全く関係がないのかと言われますが、そのようなことは全くございません」とした。

●編集部おススメ記事
ROAD FC JAPANのしなしさとこvsイ・イェジ
・35歳・渡辺久江が復帰する理由
・2016年2月7日に日本大会の開催決定

【大会・チケット情報】 2・7 WSOF-GC「WSOF-GC 2 JAPAN」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース