TOP > ニュース

【ボクシング】パッキャオ引退断言、復帰の明言は避ける

2016/04/11(月)UP

前日計量で今回のタイトルマッチのベルトを掴むパッキャオ=PHOTO:NAOKI FUKUDA/WOWOW

 ボクシング関係者の多くの予測では結局パッキャオは引退しないのではないかと言う報道が多くなされてきた。
 内容は
・現在下院議員のパッキャオが5月9日の上院選に立候補しているため1か月前の大きな宣伝なのでは?
・税金滞納が発覚し、実は資金面で苦しくお金を稼がなければいけないからなのでは?
・パッキャオが試合をすればフィリピンでは大イベントになるため人々はパッキャオの続行を望む。
・メイウェザーの復帰の噂から再戦するのでは?
などである。 

 今回のブラッドリー戦でパッキャオが2度ダウンを奪い圧勝したことで、「またリングに戻る」的なコメントが期待されたが試合後のリングで「これは最後の一戦です。彼はタフなボクサーでした。ついに彼からダウンを奪いました。私のプラン通りです」

 そこでインタビューアーがまだ続行できるのではと言う質問に対し「はい、フィジカル的にはできると思います。ただ、もう私は判断を下しました。フィリピンの皆さんのためにここで辞めます」

続いてインタビューアーが「判断したということは引退ということですね」と聞くと
「そうです」とパッキャオはきっぱり答えた。

  試合翌日のフィリピンの新聞の報道ではメキシコのTV局の質問に対し引退は断言しているものの、復帰については「決めていない」と明言を避けた。相手がメイウェザーならという問いに対しては「次の選挙に勝つことができたら議員としての職務に集中したい」とコメントしている。

ということは選挙の結果次第では復帰があり得るかもしれない。

【再放送】 パッキャオvsブラッドリー 
4/11(月)よる9:00 【WOWOWライブ】

編集部オススメ
パッキャオが2度のダウンを奪い有終の美を飾る 
パッキャオvsメイウェザーの試合の模様
世紀の250億円対決、なべやかんの番狂わせ予想とは?
モデルボクサー、豊胸シリコンを外し計量パス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース