TOP > ニュース

【J-GIRLS】ハイキック小町が女子三冠王のチャンス

2016/05/17(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

COMACHI(左)はWPMF、KOSの二冠王。宗田(右)は番狂わせを狙う

 5月29日(日)東京・新宿FACEにて開催される男女合同大会『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 2nd』の追加対戦カードが発表された。

 J-GIRLSピン級王者のキラッ☆Chihiro(魁塾)が諸事情により王座を返上し、次期王者挑戦者決定トーナメントを勝ち上がってChihiroとタイトルマッチを行う予定だった同級1位・松下えみ(T-KIX GYM)が暫定王者として認定されることになった。

 併せて、J-GIRLSピン級暫定王者挑戦者決定戦が行われることも決定。昨年開催されたJ-GIRLSピン級次期王者挑戦者決定トーナメント1回戦を突破した同級4位COMACHI(MSJ)と、同級5位・宗田智美(シュートボクシング・シーザージム渋谷)によって争われ、勝利した選手が後日、松下と正規王座を懸けて タイトルマッチを行う。

“ハイキック小町”ことCOMACHIは今年1月にWPMF日本女子ピン級王者、3月にはKOS女子ピン級王者と二冠に輝いており、現在3連勝中。6歳から格闘技を始め、空手とキックを合わせアマチュア100戦以上という戦績を誇り、2013年5月にプロデビューした18歳。対する宗田は現在2連敗中だが、このチャンスをものにしたいところ。

期待のニューヒロイン小林(右)はテクニシャン喜多村(左)と対戦

 また、ネットで話題となっていた83戦71勝9敗3分の戦績を持つ天才ムエタイ少女ペットジージャから、わずかプロ2戦目にして勝利を奪った小林愛三(NEXT LEVEL渋谷)が参戦。喜多村美紀(テツジム)と対戦する。

●編集部オススメ記事
・昨年のトーナメント準決勝の模様
・昨年のトーナメント1回戦の模様 

【大会・チケット情報】 5・29 J-NETWORK 「J-FIGHT&J-GIRLS 2016 2nd」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース