TOP > ニュース

【MA日本キック】次期挑戦者決定戦にハードパンチャー・島野が挑む

2016/07/02(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

7・24MA大会ポスター

 7月24日(日)千葉・君津のハミルトンホテル上総にて開催される『鉄拳 8』の主要対戦カードが発表された。

 メインイベントはMA日本スーパーフェザー級次期挑戦者決定戦として、Krushを主戦場に活躍する24歳の島野浩太朗(菅原道場)がMA日本ライト級4位のMO刃KI(もとき/二刀会)と対戦する。

  MA日本スーパーフェザー級1位の島野は、14勝のうち11勝がKO勝ちというハードパンチャー。K-1 WORLD GP -60kg王者・卜部弘嵩や第3代IT’S SHOWTIME-61kg世界王者ハビエル・エルナンデスらと激闘を繰り広げ、世界の強豪と互角に渡り合える実力を証明している。今年4月のK-1-60kg日本代表決定トーナメント準決勝で卜部功也にKO負けを喫しており、今回が再起戦となる。

 対するMA 日本ライト級ランカーのMO刃KIはチャクリキ第2代西日本ライト級王者の実績を持つ。今年4月にはRISEライト級王者の水町浩に敗れており、こちらも復活を懸けてリングに上がる。果たしてMA日本スーパーフェザー級王者・中向永昌への挑戦権を手にするのは島野か、MO刃KIか。 

●編集部おススメ記事
K-1出撃の島野が前哨戦で豪快KO勝利
KO量産の島野浩太朗が再起戦 

<決定対戦カード> 

▼MA日本スーパーフェザー級次期挑戦者決定戦 60kg級契約 3分3R
島野浩太朗(菅原道場/MA日本スーパーフェザー級1位)
vs
MO刃KI(もとき/二刀会/MA日本ライト級4位) 

▼63kg級 3分3R延長1R
“バズーカ”巧樹(菅原道場)
vs
濱田翔太(零戦CLUB)

▼61kg級 K-1ルール 3分3R 
サンドバッグ秋山(菅原道場)
vs
KEIGO(FLAT UP)

▼55kg契約 3分3R延長1R ※ヒジなし 
齊藤拓(Y’s glow)
vs
田中亮平(市原ジム) 

▼59kg契約 3分3R延長
齋藤律(Y’s glow)
vs
古藤田哲教(Duroジム) 

▼59kg契約 3分3R延長
家下 歩(菅原道場)
vs
X

▼53kg契約 3分3R ※ヒジなし 
響波(Y’s glow)
vs
坂入康晴(市原ジム)

▼57kg契約 3分3R ※ヒジなし 
秋元拓斗(菅原道場)
vs
健彦(市原ジム)

【大会・チケット情報】 7・24 マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟/菅原道場 「鉄拳 8」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース