TOP > ニュース

【ROAD FC】元DEEP王者・川口がサップ秒殺のカンフーパンダと激突

2016/09/29(木)UP

初代DEEPメガトン級王者・川口雄介(左)が中国巨漢戦士アオルコロ(右)と激突

 11月19日(土・現地時間)中国・河北省石家荘市(せっかそうし)の河北体育館にて開催される『ROAD FC 034』の対戦カードが発表された。

 初代DEEPメガトン級王者・川口雄介(池袋BLUE DOG GYM)が参戦。ボブ・サップを秒殺した中国ヘビー級の超新星アオルコロと激突する。

 川口は柔道をバックボーンに持ち、2008年にDEEPメガトン級トーナメントを制し初代王者に就いた実績の持ち主。DREAMでは、吉田秀彦にTKO勝ちしたこともあるPRIDEの人気選手ジェームス・トンプソンから判定勝ちを収めている。

倒れこんだボブ・サップに追撃のパウンドを落とすアオルコロ

 現在はクラッシャー川口のリングネームでIGFを主戦場に活躍しているが、今年2月に年内で引退する意向を表明。さらに引退七番勝負として、ルールやリングを問わず7試合を戦うことを発表している。

 対するアオルコロは中国拳法・散打をバックボーンとする21歳の新鋭。身長188cm、体重140kgの巨体を持ち、地元中国ではカンフーパンダとして知られる。7月に開催された『ROAD FC 032』で、ボブ・サップを試合開始わずか36秒のパウンド連打で仕留め、その名を広めた。

 年内でリングを降りる川口は、勢いに乗るカンフーパンダを仕留めて、残り少ない現役生活を悔いなく全うしたいところだ。

●編集部おススメ記事
元DEEP王者・川口が引退七番勝負
ボブ・サップ、中国のヘビー級戦士に秒殺負け

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース