TOP > ニュース

【M-ONE】山崎秀晃を“破壊”したゴンナパーが世界タイトル防衛戦

2016/10/12(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ブロックした山崎(右)のヒザを破壊したゴンナパー(左)の左ミドルキック

 11月23日(水・祝)東京・ディファ有明で開催される『M-ONE 2016 FINAL』のメインカードが決定した。WPMF世界スーパーライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレック(WSRフェアテックス)が、新日本キックボクシング協会の元日本ライト級王者・石井達也(藤本ジム)の挑戦を受け初防衛戦を行う。

 ゴンナパーは2010年11月の初来日以来、圧倒的な打撃力でこれまでにヤスユキT-98、ハチマキ、水落洋祐といった日本人トップ選手を次々に撃破してきた“日本人キラー”。今年3月のM-ONEで健太に日本人初黒星を喫したが、9月のK-1に病気で欠場した同門のゲーオ・ウィラサクレックの代打で出場し、Krush -65kg王者・山崎秀晃に歩行不能となるほどのダメージを負わせて勝利を収めた。山崎は後十字靭帯と外側副靭帯の損傷により全治3カ月。

王者ゴンナパー(左)に挑戦するのは新日本キックの石井(右)。先輩・石井宏樹が獲れなかったベルトを奪うことが出来るか

 この勝利により、一気に注目を浴びる存在となったゴンナパーが今回迎える挑戦者・石井は、新日本キックが誇る実力者。日本ライト級王座を2度防衛して返上、同門の先輩・石井宏樹の後を追ってラジャダムナンスタジアム王座獲得を目標に掲げている。コンビネーションパンチ、ヒジ打ちが得意。

 石井は昨年10月に「そろそろベルトを巻きたいので、WBCムエタイとかWKBAとかお願いします」と世界タイトル挑戦をアピールしており、ようやくそれが実現。WPMF王座に新日本キックボクシング協会所属の選手が挑戦するのは今回が初となる。

 このWPMF世界スーパーライト級王座には、2014年2月11日に行われた『NO KICK NO LIFE』にて石井宏樹が前王者のゲーオ・ウィラサクレックに挑戦。この時は左ハイでゲーオがKO勝利を収めている。その後、ゲーオが王座を返上して同門のゴンナパーが新王者となり、石井宏樹の後輩・石井達也が今回挑戦するという運命の巡りあわせとなった。

●編集部オススメ記事
山崎が代打ゴンナパーに敗れる波乱
【試合動画】ゴンナパーvs健太の大激闘、あのゴンナパーが…
【試合動画】ゴンナパーvsUMAの蹴り対決
【試合動画】K-1から凱旋したゴンナパーがKO圧勝

ウィラサクレックフェアテックス
「M-ONE 2016 FINAL」
2016年11月23日(水・祝)東京・ディファ有明
開場15:30 開始16:00

<決定対戦カード>

▼WPMF世界スーパーライト級タイトルマッチ 3分5R
ゴンナパー・ウィラサクレック(WSRフェアテックス/WPMF世界スーパーライト級王者)
vs
石井達也(藤本ジム/新日本キックボクシング協会/元日本ライト級王者)

<チケット情報>
SRS席12,000円 RS席10,000円
S席7,000円 A席5,000円

<チケット販売所>
ウィラサクレックフェアテックス=TEL:03-3876-4900
イープラス
出場各ジム

<お問い合わせ先>
ウィラサクレックフェアテックス=TEL:03-3876-4900

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2016年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る