TOP > ニュース

【ボクシング】小國以載、和氣を顔面崩壊させた怪物に挑む「8:2で自分が不利」

2016/11/15(火)UP

王者グスマンの写真パネルを片手に、小國以載が初の世界戦へ闘志を燃やした

 12月31日(土)島津アリーナ京都にて行われる『IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ』で、王者ジョナタン・グズマン(ドミニカ共和国)に挑戦する同級5位・小國以載(おぐに・ゆきのり/角海老宝石ジム)が、11月15日(火)都内の所属ジムで記者会見に臨んだ。

 これまでに20戦18勝(7KO)1敗1分けの戦績を収めている28歳の小國は、今回21戦目にして世界タイトル初挑戦。対する27歳の王者グスマンは23戦22勝(22KO)1無効試合と無敗の戦績を誇り、今年7月に和氣慎吾(わけ・しんご/古口ジム)をTKOで下して王座に就いた。

 強敵との大一番を前に、小國は「不利の予想も多いと思うが、ボクシングはやってみないと分からない。必ず勝ってIBFの世界チャンプになります」と王座奪取を力強く宣言。

 グスマンについては「怖い」と口にし、「和氣選手との試合を見ましたが、パンチ力やスピードをはじめ、すべてにおいて自分より勝っている」と、相手が格上と見る。

同席した阿部弘幸トレーナー

 同席した阿部弘幸トレーナーからも、「(相手は)出入りが速いので、それにどう反応していくかだと思う。身体能力も高いので、こちらはパンチもステップも、すべてにおいて今まで以上にレベルアップしていかないと、なかなか対応出来ない」との評価。

 しかし、「8:2で(自分が)不利かな。でも、2割あれば十分」と、自信も秘めている様子の小國。対策については「ある程度、自分の持っている引き出しで対応する」と話す。

グスマンの写真をまじまじ眺め、「怖いなあ」とこぼす小國

 具体的には、「今回はとにかく左を磨きたい。実際にやってみないと分からないところもあるが、相手は踏み込みが速いので、相手の出鼻をジャブで突ければ良いと思う」と言い、左の攻めに活路を見出す。

 また、グスマンの強打に対しては、「左フックは強いと思うので、まともにもらわない位置を探して、上手く補っていきたい」と攻略を目指す。

 阿部トレーナーも、「ある戦術を用意しており、それを実践すれば何とか崩せるんじゃないかと思います」と秘策がある様子。「当たると思うパンチは何発かあるので、それを磨いていければ良くなる」と自信を見せた。

 所属する角海老宝石ジムにとっても、2009年1月3日に行われた小堀佑介のWBA世界ライト級タイトル防衛戦以来、約7年ぶりの世界タイトルマッチ。同ジムから4人目となる世界王者誕生に期待がかかる。

●編集部おススメ記事
和氣が大奮闘も怪物グスマンに屈する
和氣の頬骨亀裂骨折とは? 復帰はいつになるのか

 

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2016年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
≫もっと見る
Facebookもチェック