TOP > ニュース

【ROAD FC】今年の新人賞に有名俳優とサップ秒殺カンフーパンダ

2016/12/22(木)UP

パウンド連打でボブ・サップ(左)を戦意喪失に追い込んだ“カンフーパンダ”ことアオルコロ(右)

 韓国のMMA(総合格闘技)団体『ROAD FC』が、2016年に顕著な活躍を見せた選手たちを部門ごとに選出・表彰。新人賞には“カンフーパンダ”の異名でブレイクしたアオルコロ(中国)と、50歳にしてMMAに初挑戦した有名俳優キム・ボソン(韓国)の2人が選ばれた。

 現在21歳のアオルコロは中国拳法や散打をバックボーンに持つ、身長188cm、体重150kgの巨漢ファイター。ぽっちゃり体型に似合わずキレのある鋭いパンチを繰り出すその姿から、“カンフーパンダ”の異名で親しまれるようになった。

元DEEP王者・川口雄介(下)に馬乗りになってパンチを落とすアオルコロ(上)

 注目を集めたのは、今年7月の中国・湖南省大会でのボブ・サップ戦。戦前から舌戦を繰り返していた両者であったが、試合はアオルコロがパンチの連打でサップを戦意喪失に追い込み、1Rわずか35秒で秒殺。続く11月の中国・河北省大会では、初代DEEPメガトン級王者・川口雄介をパウンド連打により1R2分38秒でマットに沈め、2試合連続の初回TKO勝ちと活躍した。

50歳にしてMMAの試合に挑戦した韓国の人気俳優キム・ボソン

 一方、ボソンは韓国の映画やドラマを始め、バラエティ番組などでも活躍する人気俳優。日頃から小児がんを患う子どもたちをサポートするための活動を行っており、その一環としてROAD FCのリングに上がることを決意。今年12月の韓国ソウル大会のメインイベントで、入場収益と自らのファイトマネー全額を寄付するチャリティーマッチに臨んだ。

近藤哲夫(下)をパンチで攻め込むなど、MMA初挑戦ながら見せ場を作ったボソン(上)

 有名俳優が50歳にしてMMAデビューを果たすというだけあって、韓国では大々的に記者会見が開かれるなど反響も大きかったが、試合は48歳の日本人ファイター・近藤哲夫に1R2分35秒でTKO負け。それでも、勇気ある挑戦が多くの賞賛を呼び、今回の受賞に至った。

 また、KO賞にはブルーノ・ミランダ(ブラジル)とナンディン・エルデン(モンゴル)が選ばれた。ミランダは今年9月に元修斗環太平洋ウェルター級王者・佐々木信治に一本負けを喫するも、12月の再起戦ではキム・スンヨンを左フックからのパウンド連打で粉砕。エルデンはアグレッシブなファイトスタイルを武器に、9月と12月に2試合連続となるTKO勝利を上げてインパクトを残した。

ベストファイター賞に選ばれたROAD FCライト級王者クォン・アソル(上)。12月には佐々木信治(下)を破って王座防衛に成功した

 栄えあるベストファイターに輝いたのは、ROAD FCライト級王者クォン・アソル(韓国)。アソルは『戦極』や『DEEP』に参戦経験があり、2011年にはHEATウェルター級王座を獲得するなど日本のリングでも活躍。ROAD FCでは2014年8月にイ・グァンヒを下して第2代ライト級王座に就いた。今年12月には佐々木を初回TKOで下して王座防衛を果たしている。

●編集部おススメ記事
ボブ・サップ、中国のヘビー級戦士に秒殺負け
12月大会メインに、50歳の有名俳優vs48歳の日本人ファイター

PHOTOS=ROAD FC(C)

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2016年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック