TOP > ニュース

【ボクシング】王者・田口、5度目の防衛へ闘志「勝って内山さんにつなげる」

2016/12/30(金)UP

ともに計量をパスした王者・田口良一(左)と挑戦者カルロス・カニサレス(右)

 12月31日(土)東京・大田区総合体育館にて開催される『大晦日ボクシングスペシャル“THE BEST OF BEST”』の前日計量が、30日(金)12:00より都内で行われた。

 WBA世界ライトフライ級タイトルマッチで5度目のタイトル防衛戦に臨む王者・田口良一(ワタナベジム)はリミット100gアンダーの48.8kgで計量クリアー。また、挑戦者の同級3位カルロス・カニサレス(ベネズエラ)もリミット600gアンダーの48.3kgでパスし、明日の試合開始のゴングを待つのみとなった。

田口は「絶対に勝って内山さんにつなげます」と力強いコメントを述べた

 試合に向けて「楽しみながらやりたい」と気負いがなくリラックスした様子の田口。「最近は楽しもうとしたときに良い動きができるので」と話す。

 さらに、試合を「中盤の5~8Rくらいで終わらせるが理想」と自信をのぞかせる田口。理由については「内山さんが『遅く過ぎるのも嫌だけど、あんまり早すぎるのも嫌だから、中盤くらいで終わらせて』と言っていたので」とまさかの説明。

自信あふれる表情でポーズを決めたカニサレス

 田口の後に出番を控え、WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチで、ジェスレル・コラレス(パナマ)から王座奪回に挑む先輩・内山高志からのお願いであったことを明かし、報道陣の笑いを誘った。

 しかし、内山のリベンジマッチに話しが及ぶと、「絶対に勝って内山さんにつなげます。内山さんにも豪快に勝ってほしいです」と闘志を燃やし、先輩とともに勝利を目指すことを誓った。

●編集部おススメ記事
田口が日本人対決を制す、V4達成
田口良一が腕をクルクル回していた理由

 

新着情報




【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2016年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック