TOP > ニュース

【グラジエーター】44歳の元キック王者・寒川慶一、2度目のMMA挑戦も王座戦に

2017/01/17(火)UP

大会ポスター

 3月5日(日)和歌山ビッグウェーブにて開催される『GLADIATOR 003 in WAKAYAMA』の対戦カードが発表された。

 メインイベントは、元J-NETWORKスーパーライト級王者・寒川慶一(SFK)vsバン・グヮンキ(韓国/Geek submission)のGLADIATORバンタム級タイトルマッチに決まった。

 寒川はキックボクシング出身で現在44歳。神戸のキックボクシングジム「SFK」の代表を務めていることでも知られ、2007年11月に小宮由紀博にTKO勝ちを収めてJ-NETWORKスーパーライト級王座を獲得した実績を持つ。

小宮由紀博(左)にTKO勝ちを収めて、J-NETWORKスーパーライト級王座を獲得した寒川慶一(右)

 2009年12月のK-1で行われた梶原龍児戦(寒川が判定負け)以降は一戦を退いていたが、2014年11月のDEMOLITION(デモリッション)で迎えた約5年ぶりとなる試合でMMA(総合格闘技)に初挑戦。いきなりDXFCバンタム級タイトルマッチで当時の王者・祖根寿麻(そね・かずま)に挑むも、3Rにチョークスリーパーを極められ一本負け。以来、約2年以上の時を経て迎える今回のMMA第2戦目は、またもタイトルが懸かった一戦となった。

ウェルター級ワンマッチで激突する黒田好治(左)とアニマル★幸治(右)

 対戦相手のグヮンキは昨年10月に行われた『GRACHAN25×BFC vol.2』で、寒川と同じキックボクシング出身の石原裕基(元・新日本キックボクシング協会ライト級1位)と対戦したが、開始早々にスネを痛めて戦闘不能となり、1R1分20秒でTKO負け。寒川との一戦にその悔しさをぶつけることになる。

 また、今大会には元グラジエーター武士道ミドル級王者・黒田好治(創道塾)の参戦も決定。昨年12月に行われた中国のビッグ格闘技イベント『KUNLUN fight』(クンルンファイト)で、ミドル級王者決定戦を経験したアニマル★幸治(TS GYM)と対戦する。ほかにも、草信孝謙(TEAM TED)vs宮城友一(DROP)のGLADIATORライトフライ級タイトル次期挑戦者決定戦も決まっている。

●編集部おススメ記事
【動画】寒川慶一のMMA初挑戦は一本負け
祖根がキック界からの挑戦者・寒川を撃退 

グラジエーター事務局
「GLADIATOR 003 in WAKAYAMA」
2017年 3月5日(日)和歌山ビッグウェーブ
開場13:30 開始14:00

<決定対戦カード>

▼メインイベント GLADIATORバンタム級タイトルマッチ 5分3R
寒川慶一(SFK)
vs
バン・グヮンキ(韓国/Geek submission)

▼GLADIATORライトフライ級タイトル次期挑戦者決定戦 5分3R
草信孝謙(TEAM TED)
vs
宮城友一(DROP)

▼GLADIATORウェルター級 5分2R
黒田好治(創道塾)
vs
アニマル★幸治(TS GYM)

<チケット料金>
SRS席15,000円
RS席10,000円
S席8,000円
自由席6,000
※未就学児は膝上のみ無料。当日は1000円増し

<チケット販売所>
チケットぴあより2月4日発売開始

<お問い合わせ>
グラジエーター=TEL:090-8659-0945

 

 

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース