TOP > ニュース

【SEI☆ZA】ギリシャ美猛女軍団ついに襲来、美人空手家カラ「全てをぶつける」

2017/01/18(水)UP

一昨日に初来日したギリシャチームの(左から)カラ、カルガ、マリアンティ、クリスティーナ、ヴィオレータ

 1月19日(木)東京・後楽園ホールにて旗揚げ戦が開催される女子格闘技プロジェクトGIRL’S BUDO ENTERTAINMENT『SEI☆ZA』(セイザ)の記者会見が、18日(水)都内で開かれた。

 今大会では世界から集まって日本で共同生活を行い武道を学ぶチームSEI☆ZAと、ギリシャチーム「謎のエーゲ海美猛女軍団」が5対5の対抗戦を行う。“美人空手家”や“戦うスーパーママ”など、かねてからネットなどで話題となっていたギリシャの5選手が会見に出席し、それそれが試合に向けた意気込みを語った。

挨拶を述べる“美人空手家”ことカラ・ディミトロウラ

 大将戦に出場する“美人空手家”カラ・ディミトロウラ(ギリシャ)は、「この試合のためにしっかり練習してきたわ。明日の試合のために全てを捧げる準備ができている。良い試合が見せられるように頑張るわ」と気合い十分の挨拶。

 IFK極真空手(イギリス本部、スティーブ・アニール代表)出身であるカラは、同じ空手をバックボーンのひとつに持つチームSEI☆ZAのエース格ユリア・ストリアレンコ(リトアニア)と対戦する。ユリアの印象について聞かれると、「初めて相手を見ましたが強そうです。でも、明日の試合には関係ありません。持っている技術の全てをぶつけたいと思います」と、全力勝負を誓った。

49歳にして現役ファイターの“戦うスーパーママ”ことマリアンティ・サモウフ

 また、副将戦で女子プロレスラーの高橋奈七永(SEAdLINNNG)と対戦するギリシャチーム最年長の49歳“戦うスーパーママ”こと、マリアンティ・サモウフ(ギリシャ)は、「ギリシャの代表として、ここで戦うことができ、とても光栄に思う。関係者も対戦相手も、みんなが無事に試合を迎え、大会が成功するよう願っているわ。あと、私たちはリングの上では敵だけれど、外ではみんな仲間よ」と、年長者らしいコメント。

初々しく挨拶する“美少女格闘家”ことクリスティーナ・コウスタ。15歳とは思えないスタイルの良さだ

 レスリングをバックボーンに持ち、MMAの試合経験もあるマリアンティだが、対戦相手の高橋について尋ねられると「ビデオで研究したわ。MMAとプロレスが合わさるような、面白い試合になるわ」と答え、「試合が終わったらプロレスを教えてほしいわね」と笑顔で呼び掛けた。

 また、中堅戦に出場する全選手の中で最年少となる15歳の“美少女格闘家”ことクリスティーナ・コウスタ(ギリシャ)は、「試合がとても楽しみ。私たちはもちろん、相手チームにも頑張って欲しいわ」と互いの健闘を祈った。
 

●編集部おススメ記事
・エーゲ海美猛女軍団「日本のファンを私の虜にしてみせる」
・最年少美少女格闘家、尊敬するのは「スパルタ王」
・ギリシャ軍団ナンバーワン美女はセクシーすぎる柔術家
・49歳にして現役のスーパーママ来襲
・エーゲ海美猛女軍団の大将は極真空手家


【大会・チケット情報】 1・19 SEI☆ZA実行委員会/ファースト・オン・ステージ「GIRL'S BUDO ENTERTAINMENT /『SEI☆ZA』/ 旗揚げ戦」
   

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース