TOP > ニュース

【Krush】モハン・ドラゴン「王者になってK-1参戦とカレー屋開業の夢叶えたい」

2017/01/25(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

倒すか倒されるかの試合を今回もやる、とモハン(右)

 2月18日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.73』で、Krush -67kg王者・塚越仁志(K-1ジム・シルバーウルフ)のタイトルに挑戦する第7代MA日本スーパーライト級王者モハン・ドラゴン(ネパール/士魂村上塾)が、1月25日(水)都内の所属ジムで公開練習を行った。

 モハンは2分間のシャドーと、村上竜司塾長直々のミット打ちを披露。「コンディションはいいです。塾長のクレイジーなトレーニングに付いていけています」とにこやかな表情。

 試合に備えて合宿を敢行し、「最高にクレイジーなトレーニングをしてきました」という。詳細は秘密だと言うが、「自分の身体をいじめ抜いてきました。1回2時間のトレーニングを1日2回。最高にきついです。若手たちに付いて行ったら“モハンは人間じゃない。40歳の人間が出来るトレーニングじゃない”と言われました」と、驚異の体力を証明したようだ。

「1Rの最初から行きます」と、ゴング&ダッシュを予告するモハン。近年の試合では最初から倒しに行ったところで逆に倒されるパターンが増え、黒星も増えているが「テクニックで勝ってはダメと塾長に言われました。負けることを恐れず、打ち合って倒すか倒されるかの試合をするのがモハン・ドラゴンです。このスタイルは崩さない」と、今まで通り勝っても負けてもKO決着の試合をするという。

 塚越対策も特にたてず、「いつも通りに暴れるだけ。塚越選手もアグレッシブで打ち合いに来るのでメインらしい試合が間違いなく出来る」と激闘も予告する。

 今回はKrushで2戦目にしてタイトルマッチに抜擢され、塚越からは不満も出ているが「その言葉を否定はしないが、私はどの団体に出てもチャンピオンクラスとやってきた。だから今まで通りです」と意に介さない。「Krushは日本で一番レベルが高いと言われている大会なので、この年齢でKrushのベルトを巻けたら凄いでしょう。エキサイトしています。Krushのベルトを獲って、夢の舞台であるK-1に出ます」と、K-1への参戦を強く希望した。

 また、以前からキッチンカーでの出店を目指しているネパールカレー屋の『モハンカレー』は「みんな待っているのでお金を貯めてやりたい」と資金調達中だと言い、「Krushのベルトを獲ってK-1に出て、K-1の選手です、カレー屋やっていますと言えるようになりたい」と2つの夢を叶えたいと語った。

●編集部オススメ記事
・塚越、初防衛戦挑戦者はモハン・ドラゴン
モハン・ドラゴン、Krushデビュー戦で42秒KO勝ち
【試合動画】モハン・ドラゴンvs山際和希のBigbangタイトルマッチ
【試合動画】モハン・ドラゴンvs為房厚志のMA日本キックタイトルマッチ 

【大会・チケット情報】 2・18 グッドルーザー 「Krush.73」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース