TOP > ニュース

【J-NETWORK】新人王トーナメント決勝戦を3階級で実施=3・12大会

2017/01/30(月)UP

新人王トーナメント・スーパーウェルター級決勝戦で激突する岩田俊輔(左)と金田大嵩(右)

 3月12日(日)東京・新宿FACEにて開催される『J-FIGHT&J-GIRLS 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~1st』の対戦カード第1弾が発表された。

 2016年J-NETWORK新人王トーナメントの決勝戦が3階級で行われる。組み合わせは、バンタム級が森貴慎(もり・きしん/トイカツ道場)vs中田ユウジ(STRUGGLE)、スーパーウェルター級が岩田俊輔(トイカツ道場)vs金田大嵩(インフィニティ)、ミドル級が山田寛(BLUE DOG GYM)vs斉藤敬真(インスパイヤードモーション)。

昨年12月のBOM大会でWMC日本ライト級王座に就いた内堀裕斗(中央)

 ともにKO勝ちで決勝戦に駒を進めているのは、スーパーウェルター級の2人。岩田はGakky☆を右フックにより3R1分14秒でKO、一方の金田は浜崎孝久を右ミドルにより2R52秒でKOしている。決勝戦にふさわしい熱戦への期待が高まる。

 なお、新人王トーナメント優勝者はJ-NETWORK公式ランキング入りとなる。2015年度スーパーライト級新人王に輝いた現J-NETWORK同級3位・内堀裕斗(UNDER GROUND)は、同年2月のトーナメント1回戦でプロデビューを迎えてキャリアを積み重ね、昨年12月にはプロ12戦目でWMC日本ライト級王座を手にした。2月25日には同級4位・渡辺理想(極真会館)との王座決定戦を控えている。

 果たして、内堀に続く新人王は誰になるのか。

●編集部おススメ記事
極真・渡辺悲願の王座獲得なるか、内堀戦が王座決定戦に
極真勢が全勝、ベイノアはKO勝ちで無敗キープ

<決定対戦カード>

▼J-NETWORK 2016 バンタム級新人王トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
森 貴慎(もり・きしん/トイカツ道場)
vs
中田ユウジ(STRUGGLE)

▼J-NETWORK 2016 スーパーウェルター級新人王トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
岩田俊輔(トイカツ道場)
vs
金田大嵩(インフィニティ)

▼J-NETWORK 2016 ミドル級新人王トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
山田 寛(BLUE DOG GYM)
vs
斉藤敬真(インスパイヤードモーション) 

【大会・チケット情報】 3・12 J-NETWORK 「J-FIGHT&J-GIRLS 2017~J-NETWORK 20th Anniversary~1st」
 

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース