TOP > ニュース

【NJKF】日本vsメキシコの王者対決が決定=3・5「DUEL.10」

2017/02/02(木)UP

ダブルメインイベントで激突する真樹親太郎(左)とトニー・アマヤ(右)

 3月5日(日)神奈川・厚木荻野運動公園メインアリーナで開催される『DUEL.10』の対戦カードが発表された。

 大会の大トリとなるダブルメインイベント第2試合で、MA日本スーパーウェルター級王者・真樹親太郎(真樹ジムAICHI)vsISKAメキシコ・スーパーウェルター級王者トニー・アマヤ(メキシコ)の日墨国際戦王者対決が行われる。

 真樹は昨年7月、リングネームを前原親太郎から真樹親太郎に改名して臨んだMA日本スーパーライト級次期王座挑戦者決定戦に勝利し、王座挑戦権を獲得。迎えた10月のMA日本スーパーウェルター級王座決定戦では、剛王に初回KO勝ちを収めて同王座を獲得した。

トニーの兄マリオ(右)は昨年7月に山崎遼太(左)と対戦した

 対するトニーは昨年7月の『DUEL.7』に出場したCNKBメキシコスーパライト級王者マリオ・アマヤの弟。兄マリオが山崎遼太の豪快バックハンドブローでマットに沈む姿を目の当たりにし、自身の試合を熱望。今回の試合の実現に至ったという。実力は未知数とのことだが、メキシコ国内ではISKAメキシコ・スーパーウェルター級のベルトを巻くなど活躍しているようだ。

 日本とメキシコの王者が拳を交える一戦。改名以降、好調を維持する真樹が日本の王者の実力を見せつけるのか。それとも、トニーが兄マリオの無念を日本の地で晴らすことになるのか。

メインイベント第1試合はNAOKI(左)vsキョソンセン・FLYSKYGYM(右)となった

 また、ダブルメインイベント第1試合では、NAOKI(立川KBA)vsキョソンセン・FLYSKYGYM(FLYSKY)の日泰国際戦が決定。2015年7月のコンゲンチャイ戦をドローで終え、対ムエタイ戦での実力を見せたNAOKI。しかし、今回の相手キョソンセンは距離を取り見てくるタイプとは異なり、倒しにくる危険な選手。攻撃的なファイトスタイルを持つ両者の激闘が期待される。

 なお、今大会は全12試合を予定しており、残りの10試合は追って発表される。

●編集部おススメ記事
改名2戦目の真樹親太郎がTKO勝ちで王座戴冠
山崎遼太が復活の豪快KO勝利

<決定対戦カード>

▼ダブルメインイベント第2試合 日墨国際戦 72㎏契約 3分5R
真樹親太郎(真樹ジムAICHI/MA日本スーパーウェルター級王者)
vs
トニー・アマヤ(メキシコ/ISKAメキシコ・スーパーウェルター級王者)

▼ダブルメインイベント第1試合 日泰国際戦 61㎏契約 3分3R
NAOKI(立川KBA)
vs
キョソンセン・FLYSKYGYM(FLYSKY)

 

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック