TOP > ニュース

【GLORY】元K-1世界王者レミー・ボンヤスキーが3年ぶり復活へ

2017/02/03(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

約3年ぶりに現役復帰することが確実視されているボンヤスキー。現在41歳

 K-1 WORLD GP(ヘビー級世界トーナメント)2003・2004・2008王者であるレミー・ボンヤスキー(オランダ)が復帰へ向けて動いていることが分かった。

 ボンヤスキーは2001年6月のK-1に初来日、トップファイターであったレイ・セフォーにTKO勝ちして一躍脚光を浴びた。全身のバネと長い手足を利した飛びヒザ蹴り、ジャンピングハイキックなどを得意技とし、“フライング・ダッチマン”“フライング・ジェントルマン”などの異名が付けられた。

得意技は飛び蹴り、飛びヒザ蹴りなどのジャンプしての蹴り

 2003年に決勝で武蔵を破ってK-1 WORLD GP初優勝を果たすと、翌2004年の決勝でも武蔵に勝って2連覇を達成。以後はセミー・シュルトやピーター・アーツに阻まれて優勝出来なかったが、2008年に決勝でバダ・ハリから反則勝ちを収めて4年ぶりに世界王座へ返り咲いた。

 2014年3月のミルコ・クロコップ戦(ボンヤスキーが判定勝ち)を最後に現役を引退し、オランダでジムを経営していた。しかし今回、ヨーロッパとアメリカで開催されているキックボクシングの国際大会『GLORY』と交渉を開始し、6月復帰を目指して準備を進めているという。

 対戦相手にはGLORYヘビー級王者で、昨年12月にバダ・ハリにTKO勝ちしたリコ・ヴァーホーベン(オランダ)が予定されている。

●編集部オススメ記事
・日本での最後の試合は2013年12月のアンデウソン・シウバ戦 
・ボンヤスキーの相手候補ヴァーホーベンvsピーター・アーツ

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック