TOP > ニュース

【K-1】Abema TVで全大会のネット無料生中継が決定、地上波も「良い話しは進めている」

2017/02/09(木)UP

会見でコメントする宮田充K-1プロデューサー(中央)

 2月9日(木)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて「K-1 WORLD GP“超重大発表”記者会見」が開かれた。

 会見の目玉となった“超重大発表”は、新生K-1の“格闘技の聖地”さいたまスーパーアリーナ進出。今年の6月18日(日)、9月18日(月・祝)、11月23日(木・祝)の3大会を同所コミュニティアリーナで、来年の3月21日(水・祝)の大会を同所メインアリーナで開催することが決まった。

 これと併せて、K-1を企画・制作する株式会社M-1スポーツメディアは、動画配信事業を展開する株式会社Abema TV(アベマ・ティーヴィー)との新たな契約締結の合意を発表。

さいたまスーパーアリーナに集結した56名のK-1ファイターたち

 インターネットテレビ「Abema TV」を通じて、既に昨年4月から生放送・リピート放送している『K-1 WORLD GP』と『Krush』に、3月から新たに開催が決まった『KHAOS』を加えた3ブランドの全大会を、複数年にわたり無料独占生中継していくことになった。

 直近では、2月18日(土)の『Krush.73』と2月25日(土)の『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~』が、Abema TVの格闘チャンネルにて放送される予定だ。

 Abema TVの藤井啄倫・編成局長はリリースを通じて、「Abema TVの開設当初から、約30チャンネルで24時間放送される数多の番組の中でも、K-1 WORLD GPとKrushは常にトップクラスの数値を記録し、Abema TVの若いユーザー層と『世界最高峰の立ち技格闘技』の相性の良さを証明し続けてきました。これからもますます多くの方に熱い戦いをお届けできるように、協力関係を深めていきたいと思います」とコメントした。

会見後の囲み取材に応じる宮田プロデューサー

 さいたまスーパーアリーナ進出に伴い、さらなる大会放送の充実・強化を図る新生K-1。宮田充K-1プロデューサーは会見後の囲み取材で、「まだ(Abema TVで)放送開始から1年経っていませんが、K-1がトップクラスの数字を叩き出しています。特に、10代から20代前半の人たちは、かなりAbema TVを見ている人が多い。もちろん地上波も大事ですが、やはり新しいメディアで伝えていくことも大事です」と見解を述べた。

 その地上波放送の計画に関しても記者から質問が飛び、K-1の宮田プロデューサーは「決めてから報告すべきかなと思っていましたが、正直なところを言うと、良い話しをいくつか進めさせていただいたり、聞かせていただいたりしているというのが現状です。(発表は)そう遠くはないかなと思います。あまり期待を持たせて、ファンの方々をがっかりもさせたくない。ただ1回だけやれば良いものではなく、そこから始まりにしなければいけないと思っています」と答えている。

●編集部おススメ記事
“格闘技の聖地”へ進出、さいたまスーパーアリーナ大会の開催決定
 

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック