TOP > ニュース

【ROAD FC】藤野恵実がRIZINで村田と戦ったロシア新鋭と激突

2017/02/23(木)UP

ROAD FC史上初の女子MMA大会に出場が決まった藤野恵実

 3月11日(土・現地時間)韓国・ソウル市のグランド・ヒルトン・コンベンションセンターにて開催されるROAD FC史上初の女子MMA(総合格闘技)大会『ROAD FC XX』(XX=ダブル・エックス)の追加対戦カードが発表された。

 ベテランファイターの藤野恵実(和術慧舟會GODS)が、ロシアの新鋭ナタリア・デニソヴァと対戦する。

 藤野は2004年のプロデビューから日本の女子MMA界を牽引してきた36歳。鍛え上げた肉体から放つ打撃と常に前へ出る突貫ファイトを持ち味に、DEEP JEWELSやWSOFのタイトル挑戦経験も持つなど、29戦18勝10敗1ノーコンテストの戦績を収めている。
 
 しかし、ここ2戦は1分1ノーコンテストと不本意な結果で終えた藤野。昨年の8月に開催された中国KUNLUN FIGHTとREBELSの合同興行では、MMAルールで中国選手と対戦し、ヒジ打ちで額をカットされた末に無念のTKO負け。続く11月のROAD FC中国大会では、1R中に起きた偶発的なバッティングにより藤野が負傷し、ノーコンテストとなった。今大会での再起が期待される。

昨年4月のRIZINでは村田夏南子(右)に敗れたデニソヴァ(左) (c) RIZIN FF / Sachiko Hotaka

 対戦相手のデニソヴァは6戦4勝2敗の戦績を持つ26歳。昨年4月に行われたRIZINで、レスリング全日本王者・村田夏南子のMMAデビュー戦の相手を務めたことでも知られる。その試合では、村田に圧倒された末に判定で敗れたデニソヴァ。今大会が約1年ぶりの復帰戦となる。

 韓国人選手vs外国人選手というマッチメイクが多い中、この一戦は現在までのところで唯一の外国人選手同士の試合となっている。果たして、ベテランの藤野は、デニソヴァにキャリアの差を見せつけて、復活の勝利を上げることができるか。

●編集部おススメ記事
藤野恵実、再起戦はバッティングでノーコンテストに
レスリング村田デビュー戦で熱戦快勝

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック