TOP > ニュース

【K-1】上原と対戦するボウニ「K-1にヘビー級のインパクトが戻って来る」

2017/02/23(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ヘビー級のパンチを叩き込むボウニ。バダ・ハリやグーカン・サキを超える存在になると豪語

 2月25日(土) 東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催の『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~』に出場する外国人選手の公開練習が、23日(木)都内にて行われた。

 ヘビー級スーパーファイト(ワンマッチ)で初代RISEヘビー級&ライトヘビー級王者・上原誠(士魂村上塾)と対戦するイブラヒム・エル・ボウニ(オランダ)は、トレーナーが高く構えたミットにパンチを打ち込み、オランダ勢が得意とする左ボディブローも披露。蹴りは温存した。

 ミット打ちを終えたボウニは「準備はOKだ。25日はそれを見てもらえると思う」と自信満々の表情。体重は現在100kgで「普段は90~95kgくらいで試合をしているが、今回は戦いたいと思っていた日本での試合なので、増量して100kgに仕上げてきたんだ」と意気込みも並々ならぬものがある。

 マネージャーでもあるメルヴィン・マヌーフとトレーニングを積み、昨年12月10日に1年4カ月ぶりの復帰を果たしたバダ・ハリとは試合前にスパーリングパートナーを務めた。また、ハリとともにK-1ヘビー級で活躍したグーカン・サキとも練習したという。しかし、「自分は彼らよりもっと凄い選手になる」と豪語。

 11歳でキックボクシングを始め、17歳からアマチュアの試合に出始めてプロデビューは20歳の時。「K-1に出るのが夢だった」と言い、「KO勝ちは特に狙っていない。KOは後から付いてくるものなんだ。もちろん相手をKOするための練習はしてきた。この試合のために準備をしてきたし、どの選手よりも自分は優れている。試合を見てもらえれば分かるよ。試合が終われば、再びK-1にヘビー級のインパクトが戻ってきたことを目撃するだろう」と、K-1のヘビー級を蘇らせると言い放った。

 上原対策については「自分は特に考えていない」とし、「でも試合が終わった後は、彼が俺のことをずっと考えることになるだろうね」と笑った。

●編集部オススメ記事
・上原誠が初の国際戦「2RにハイキックでKO」 
・日本のヘビー級エースは“タイヤ”で進化、上原誠がマヌーフ刺客をKO宣言

【大会・チケット情報】 2・25 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース