TOP > ニュース

【K-1】卜部功也、ゴンナパーとウェイ・ルイを倒しての完全制覇が目標

2017/02/24(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

トーナメント出場全選手がコメントした(左から)平本、デルバール、卜部、ゴンナパー、宮田K-1プロデューサー、佐々木、ルイ、谷山、スペトゥク

 2月25日(土) 東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~』の前日計量&記者会見が、24日(金)13:00より都内にて行われた。

 トーナメントに出場する全選手が契約体重の62.5kgを一発でクリアー。リザーブファイトに出場する瑠輝也(TRY HARD GYM)が計量後に体調を崩して会見を欠席した以外は問題なく、あとは明日の試合開始を待つのみとなった。

 事実上の決勝戦との呼び声も高い、1回戦最大注目カードである初代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者&同級2016年世界最強決定トーナメント優勝・卜部功也(KREST)vs WPMF世界スーパー・ライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ)。会見中は終始厳しい表情だった卜部に対し、ゴンナパーは柔和な表情で対照的だった。

1回戦でいきなり激突する卜部(左)とゴンナパー(右)

 卜部は「ここまでいい練習が出来ました。明日は最高のパフォーマンスが出来ると思います。期待してください」と挨拶し、ゴンナパーを見て「とても仕上がっているなと思いましたが、自分の方が仕上げたつもりがあるので明日はやってやりたい」と、練習の成果に自信あり気なコメント。

 ゴンナパーは、「とても気分がいいです。明日は全力で戦って勝ちにいきたいです」とこちらも調子の良さをうかがわせ、卜部を見て「特に何も思うことはないです。明日は自分が出来ることを全力でやるだけ。明日は勝ちます。明日、見ててくださいとしか今は言えません」と必勝を誓った。

佐々木(右)が同門対決の決勝を臨むと、卜部も同意した

 決勝で戦いたい相手を聞かれると、ゴンナパーは「誰と当たってもいいと思っています」と、相手は関係ないと言わんばかり。

 一方の卜部は「中国のウェイ・ルイ選手が気になるのでやってみたい気持ちはある」としたが、同門の第4代Krush -63kg王者・佐々木大蔵(KREST)が「決勝は功也とこの最高の舞台で出来れば一番いいと思っています」と発言したことから「大蔵に指名されたので、(同門のため)ここでしかやる機会はないので大蔵ともやってみたい」と、同門対決で決勝を争いたいと語った。

 また、会見後に卜部は「ベルトを獲りたい気持ちはありますが、それを誰にも見せたくない。でも、この会場でそれを胸のうちに一番秘めているのは自分です。本当に獲りたいものは表には出さないものですから」と、あえて言葉を選んだと明かす。

 ゴンナパーを見た印象は「仕上がっているなと思いました。コンディションもいい感じでした。タイ人はトーナメントに強いので、それは分かっています。強い気持ちを持って臨みたい」とし、「ウェイ・ルイは世界的に見ても評価が高い選手だから、評価の高い選手に勝って優勝したい。1回戦でゴンナパー、決勝でルイ・ウェイを倒したら、世界的に見ても誰も文句の言い様のない勝ち方だと思うので、それを成し遂げたいですね」と、トーナメントで1・2を争う強豪を倒して完全優勝したいという。

 そして、ゴンナパー戦については「戦略は何カ月も練りました。ボクシングテクニックは僕の方が上です。それを試合で見せられたらと思います」と、攻略に自信がありそうだった。

●次ページ:トーナメント出場各選手のコメント

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック