TOP > ニュース

【DEEP JEWELS】女子高生ファイター・浅倉が計量クリア、打撃進化に自信

2017/02/24(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

計量をクリアーした浅倉カンナ

 2月25日(土)東京・新宿FACEにて開催される女子総合格闘技『DEEP JEWELS 15』の前日計量が24日(金)都内にて行われた。

 年末に開催された『RIZIN』で“女子高生ファイター”として注目を浴びた浅倉カンナ(パラエストラ松戸)は47.4kgで計量をパス、対する下牧瀬菜月(Personal Styles)は計量開始時間に間に合わず遅れての計量となった。

 浅倉は幼少よりレスリングを学び、2011年クリッパン国際大会38kg級優勝、2013年ジュニアクイーンズカップカデット46kg級準優勝などの実績を残し、2014年10月に17歳でプロデビュー。

 昨年大晦日のRIZINでのアリーシャ・ガルシア戦では寝技に苦戦し判定負けを喫したことから、トレーナーでもある父の洋平さんから「脱レスラー」を厳しく命じられたという浅倉。「今まではタックルに頼っていましたが、打撃をめちゃくちゃ練習してきました」とスタンド勝負に自信。

 相手の映像は見ていないといい、「自分のやりたいことが出来れば。今回は今ままでとは違う姿を見せられると思います」という。

女子高生にしてRIZINの大舞台に上がった浅倉

 昨年は4試合を経験し2勝2敗。「今年は一発目で勢い付けます。4試合以上して無敗でいきたい」と目標を掲げた。

●編集部オススメ記事
・女子高生ファイター初陣飾れず、ガルシアが勝つ
・年末泣いた女子高生ファイター浅倉「まだこれから」

【大会・チケット情報】 2・25 DEEP東京事務局「DEEP JEWELS 15」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース