TOP > ニュース

【RISE】リー「パンチで野辺を間違いなくKOする」

2017/02/25(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

韓国の強打者リーが約2年ぶりの来日。若きエース野辺の前に立ちはだかる

 3月5日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE 116』のメインイベントで、RISEスーパーフェザー級王者・野辺広大(1-siam gym)と対戦する“コリアン・デビル”チャンヒョン・リー(韓国)のコメントが主催者を通じて届いた。

 2015年8月以来の来日となるリーは、過去にK-1ルール梅野源治からダウンを奪って勝利。WPMF日本フェザー級王者(当時)長嶋大樹もKOしている強打者だ。

「コンディションはとてもいい感じだね。もう減量は終わっているから。早めに調整したほうが調子いいね。いつも通りムビジムのコーチと練習しているよ。週末だけ秘密の特別トレーニングをしている、練習相手はイ・ソンヒョン(第2代RISEライト級王者)。厳しいトレーニングをしている」と、万全の状態で来日するようだ。

梅野源治とはヒジ打ちなしルールで1勝1敗

 野辺については「知っているよ。チャンピオンになった時の映像を見た。戦い方がソンヒョンに似ているなぁ。彼はスタミナとスピードがあるね。フットワークは素晴らしい。でもパワーは無いと思います」とパワー不足を指摘する。

 その上でリーは「僕はいつもKOを狙うよ。RISEはクリンチがないし、相手もクリンチしないから激しい試合になるだろう。間違いなくKO決着で、パンチでKO。勝つのは僕だね」とパンチでのKO宣言。「カウンターのパンチだね。今まで試合の80%はパンチでダウンを奪っている。今回はそれにアッパーカットを混ぜちゃうよ」と、手の内を明かすほどの自信だ。

「今回、試合することにより私の試合スタイルが好きになる人がたくさん生まれると思う。RISEファンは優しくて大好きです、激しい試合をしてファンを興奮させることを約束するよ」と、激闘にすることを約束した。

●編集部オススメ記事
・2015年8月のチャンヒョン・リーvs花田元誉 
・野辺広大が梅野源治からダウンを奪った男と激突

【大会・チケット情報】 3・5 RISEクリエーション「RISE 116」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック