TOP > ニュース

【K-1】新王者・大雅「武尊とやれるのならやりたい」

2017/02/26(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

K-1史上最年少王者となった20歳の大雅が一夜明け会見に臨んだ

 2月25日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催された『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~』の一夜明け会見が、26日(日)都内で行われた。

 K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級タイトルマッチで、王者・卜部弘嵩(KREST)を破り、第3代王者になった大雅(TRY HARD GYM)が出席、前日の試合を振り返った。

 K-1史上最年少王者(20歳)となり、「凄く嬉しい気持ちでいっぱい。まだ実感がなくて。でもこのベルトを持って会見に来れたことを嬉しく思います。一日経ってチャンピオンになれたんだなって気持ちはあります」と、前日会見のピリピリした表情とは正反対の終始にこやかな表情。

 試合後にはリング上で兄HIROYAを始め家族全員で記念撮影を行い、「やっとチャンピオンになれたので喜んでくれて。お母さんが初めてリングに来たんですけれど、5kgくらい痩せておけばよかった、と言っていました。喜んでいました」とのエピソードも披露。場内を笑わせた。

 卜部戦については、「対策をしてきていると感じました。やりづらかった。気持ちも凄く入っていたので楽しかったです。あまり覚えていませんが、何回か効いたのはありました。ラウンドが終わったと同時くらいに一発効いて、インターバルに救われたのもありました。久しぶりに緊張して堅くなって練習通りには動けなかったですね。最後は絶対に負けない気持ちだけで勝てたと思います」と試合を振り返る。

 チャンピオンになった今後については、「厳しい相手といっぱい試合をして本物のチャンピオンになりたい。勝てる相手とは試合はしたくないですね。本物の強いヤツと試合がしたいです。今具体的に誰かというのはありませんが、周りからも評価されていて、この選手はやばいだろって相手とやりたい」と、さらなる強敵を求めたいとした。

 また、過去2度敗れている武尊にリベンジしたい気持ちはあるかとの質問には、「やれるのでやればやりたいです。あの負けを忘れることはないのでやりたいです」と、借りは返したいと語った。

※2・25「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN」全試合結果 

●編集部オススメ記事
にらむ挑戦者・大雅、王者・卜部は無視 
大雅が王者・卜部に毒舌「ベルト持っていても可哀想」
卜部弘嵩、大雅を挑戦者に指名したのは「男としての筋」 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック