TOP > ニュース

【K-1】野杁に第一子誕生「何としても勝たないといけない試合だった」

2017/02/26(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

一夜明け会見で第一子誕生を報告した野杁。笑顔で勝利を振り返った

 2月25日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催された『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~』の一夜明け会見が、26日(日)都内で行われた。

 野杁正明(K-1ジムEBISU小比類巻道場)はスーパー・ライト級スーパーファイト(ワンマッチ)で、18歳の若さにしてオランダの格闘技イベント「Fightsense」の国内&世界タイトルを獲得しているユネス・スマイリ(モロッコ)からダウンを奪い、勝利した。

 着席した野杁は開口一番、「僕は試合前に父親になりました。子供が産まれて初めての試合だったので、何としても勝たないといけない試合でした。倒せなかったけれどダウンを取って勝つことが出来たのでよかった」と、第一子が誕生していたことを報告。

 2月16日に女の子が誕生し、「出産の時は名古屋に帰って立ち合わせてもらって、生まれた次の日には東京へ帰ってきて練習して仕上げていました。試合前なので試合のことしか考えていなかったので、気持ちはいつも通りでしたね。これから帰って報告がてら顔を見に行きたいと思っています」と嬉しそうに語る。

 試合前にはスマイリの「危険なのはヒザ蹴りくらい」との挑発に対し、「そのヒザ蹴りがどれだけ怖いものかヒザでKOしてやろうと思った」とヒザ蹴りでのKO予告をしたが、「試合前から倒すならボディで倒そうと思っていたんですが、意識しすぎてボディ狙いに頼りすぎた。ヒザは絶対に当ててやろうと思っていたので最後に当てられて、ダメージを与えられたのでよかったと思います」と、KOは出来なかったが一泡吹かせてやったとの表情。

 今後については、やはり狙いはK-1 WORLD GPスーパー・ライト級王座。4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~』では、王者ゲーオ・ウィラサクレックに山崎秀晃が挑戦する。

「そのどっちとも戦いたいです。負けている選手で、リベンジしないといけない相手なので2人ともやりたい。どっちかと言えばゲーオに勝ってもらって、日本人無敗のまま僕が挑戦して勝ってベルトを獲りたい」と、王座とともにゲーオに勝った初の日本人の称号も得たいと語った。

※2・25「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN」全試合結果 

●編集部オススメ記事
・生意気スマイリに野杁が2RにヒザでのKOを予告
・スマイリ「野杁より俺の方が優れている」 
・野杁正明にとって縁起のいい奇数年「K-1のベルトも獲れるんじゃないかな」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック