TOP > ニュース

【ADCC】2年に一度の組み技世界一決定戦、日本予選開催

2017/03/01(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

アジア・オセアニア予選に先駆けて、2月5日(日)大阪・武道館ひびきにて「ADCC WEST JAPAN OPEN 2017」、2月19日(日)東京・台東リバーサイドスポーツセンターにて「ADCC EAST JAPAN OPEN 2017」が開催された

 2年に一度の“組み技世界一決定戦”『ADCC世界大会』が9月22~24日(現地時間)フィンランド・エスポーメトロアリーナにて開催が予定されている。

 昨年から世界各地で予選が行われているが、日本でも3月5日(日)東京・墨田区総合体育館にてADCCアジア・オセアニア予選『ADCC Asian & Oceania Championship Trials to World Championships 2017」が開催される。

 アジア・オセアニア予選には韓国、香港、オーストラリア、カザフスタン、マレーシア等、アジア・オセアニア各地からも選手がエントリー。日本からは、関根秀樹(ボンサイブルテリア/2011、2013、2015世界大会出場)、鈴木槙吾(ALLIANCE/第8代ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト)、三原秀美(総合格闘技道場コブラ会/2005、2015世界大会出場)、小澤幸康(TEAM-KAZE/2003、2007、2013、2015世界大会出場)、中倉三四郎(フリー/2011世界大会出場)、和田拓也(フリー/第4代ウェルター級 キング・オブ・パンクラシスト)、岡澤弘太(リバーサルジム横浜グランドスラム)らがエントリーしている。

 プロ・アマ入り乱れて組み技世界一の座を狙い、まずはアジア・オセアニア代表権を目指す。

●編集部オススメ記事 
・山本聖子が組み技世界一決定戦で銅メダル 
・組み技世界一決定戦に北岡悟が参戦

「ADCC WEST JAPAN OPEN 2017」
2017年3月5日(日)東京・墨田区総合体育館武道場
選手集合10:00

<カテゴリー>
男性:-65.9kg -76.9kg -87.9kg -98.9kg +99.0kg
女性:-59.9kg +60.0kg

<優勝特典>
今大会優勝選手にはADCC世界大会への出場権が贈られる

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース