TOP > ニュース

【Krush】小澤に挑戦するチー「中国武術がもっと発展するようにベルトを獲りたい」

2017/03/01(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

武尊に「一番手強かった」と言わしめたユン・チーが来襲。Krush王座を狙う

 3月3日(金) 東京・後楽園ホールにて開催の『Krush.74』で-58kgタイトルマッチに出場するユン・チー(中国)の公開練習が、1日(水)都内にて行われた。

 王者・小澤海斗(K-1ジムEB|ISU小比類巻道場)の持つタイトルに挑戦するチーは、今回が3度目の来日。初来日となった昨年6月のK-1代々木大会では一階級上の小宮山工介からダウンを奪って勝利し、昨年11月の初代K-1フェザー級王座決定トーナメント一回戦ではKrushで活躍する神戸翔太をKO。準決勝で武尊に敗れはしたものの、パワフルなパンチで武尊を追い詰めた。

 Krush初参戦でタイトル挑戦となったチーは「Krushのタイトルマッチに出られて嬉しく思います。僕は日本で戦うことが好きで、また日本でファイト出来て嬉しいです」と言い「ただ僕はベルトを獲るために日本に来ました。必ずベルトを中国に持って帰ります」と王座奪取を誓う。

 公開練習ではパンチと蹴りのコンビネーションを披露し、「今回の試合に向けてコンビネーションを重視して練習してきました。試合では僕が進化したところを見せられると思います」と語っている。

 対戦する小澤についてチーは「2回、会場で試合を見ていて、彼がすごくレベルが高い選手だというのは知っています」と分析。「でも僕は負ける気がしません。とにかくリングに最後まで立っていた方がチャンピオンです。中国武術がもっと発展するように僕がベルトを獲りたい。必ずKOで決着をつけます」とKO勝利を予告した。

●編集部オススメ記事
・小澤海斗、2度目の王座防衛へ「ぶっ倒す」 
・武尊が準決勝で中国の強打者をKO撃破

【大会・チケット情報】 3・3 グッドルーザー 「Krush.74」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース