TOP > ニュース

【Krush】小澤海斗がV2戦へ闘志、武尊からのエールには「うるせえ」

2017/03/02(木)UP

計量をパスしたKrush -58kg王者・小澤海斗(左)と挑戦者ユン・チー(右)

 3月3日(金)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.74』の前日計量&タイトル調印式が、2日(木)13:00より都内で行われた。

 Krush -58kgタイトルマッチに臨む王者・小澤海斗(K-1ジムEBISU小比類巻道場)はリミット0.1kgアンダーの57.9kg、対する挑戦者ユン・チー(中国)はリミットちょうどの58.0kgで、ともに計量を一発クリアー。そろって調印式と会見に臨み、試合に向けた意気込みを語った。

 試合を目前に控え、対照的な表情の両者。「コンディションは非常に良いので、ぜひ期待していて下さい」と笑顔も交えて好調をアピールするチーに対して、小澤は「めんどくせえから早く帰りたい」とふてぶてしくコメントしてさっそく“らしさ”を見せる。

 小澤は昨年2月に第2代Krush -58kg王座を獲得し、8月には初防衛に成功。今回が2度目の防衛戦となるが、「これは俺のベルトなので、外国人選手に限らず、誰にも渡す訳にはいかない。Krush -58kg王者イコール俺じゃないと面白くない」と闘志を燃やす。

 また、昨年に乱闘騒ぎや舌戦を繰り広げた因縁の相手である武尊が観戦に訪れることについて触れられると、「今のうちに暢気に見ておけよ」と一言。さらに、関係者から武尊が「応援はしないけれど、ベルトは絶対に流出させるんじゃないぞ」とのコメントを小澤に寄せていたことを明かされ、「そんなこと言ってたんすか!?・・・うるせえよ」と、驚きの表情を浮かべながらも再び敵意を剥き出しにした。

 因縁の相手から思わぬエールを受けることとなった小澤。試合に向けて「仕上がりは一番良いので、みんな期待しておいて」と防衛を約束した。

 一方、小澤と同じく昨年11月のK-1初代フェザー級王座決定トーナメントで武尊に敗れたチーも、「スピードも自分が(武尊より)劣っていましたし、何より冷静さを欠いてしまいました。学ぶことが大きかったです。でも、もし次に戦うことができれば、100%勝つ自信があります」と、武尊に対するリベンジを口にする。

 そんなチーだが、2月25日に開催された『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~』で、同門のウェイ・ルイ(中国)が優勝したことについて触れられると、「(ルイとは)練習だけでなく、プライベートでも一緒に過ごす、兄弟のような仲でもあります。彼が中国人として初めてK-1のベルトを獲得したことは、非常に嬉しく思います」と笑顔を浮かべる。

 チームメイトの偉業に発奮している様子のチー。「Krushのベルトに対して、非常に誇りを抱いています。K-1のベルトは獲ることができなかったので、今回は自分が勝ってベルトを持って帰りたいです。(小澤は)自分に気を付けて下さい。明日は絶対に勝ちます」とベルト奪取に燃えた。

●編集部おススメ記事
小澤に挑戦するチー「中国武術がもっと発展するようにベルトを獲りたい」
小澤海斗、2度目の王座防衛へ「ぶっ倒す」

【大会・チケット情報】 3・3 グッドルーザー 「Krush.74」

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る