TOP > ニュース

【Krush】連敗脱出の元王者・牧平、王座奪回を目指す

2017/03/04(土)UP

会見に出席した元Krush -67kg王者・牧平圭太

 3月3日(金)東京・後楽園ホールにて開催された『Krush.74』の一夜明け会見が、4日(土)都内で行われた。

 KENJI(K-1ジムEBISU小比類巻道場)を左ハイキックで流血に追い込み、ドクターストップによるTKO勝ちを収めた元Krush -67kg王者・牧平圭太(HALEO TOP TEAM)が会見に出席。試合を振り返るとともに、今後の目標を語った。

 2015年7月以来となる、5試合ぶりの白星を上げた牧平。「KENJI選手はすごく気持ちが強くて、なかなか圧倒して勝つということができなかったです」と悔しさをにじませながらも、「1年8カ月ぶりの勝利でしたが、子どもが生まれて初めての勝利でもありました。ようやく父親になれたかなとも思いますし、昨日は心から家族と笑い合えました」と、父として初めての勝利の喜びをかみしめる。

 しかし、試合の内容については「パンチをもらってちょっと熱くなってしまい、倒そう倒そうとし過ぎました。パンチをもらわず、とことん自分を貫くということもできなかったので、課題が残る試合でした」と反省しきり。

 トレーナーを務める三崎和雄(PRIDEウェルター級グランプリ2006覇者)や先輩の山内佑太郎らチームメイトからも、「課題の方が多い。一日だけ浮かれて、あとはすぐに練習しろ」と言葉を掛けられたと苦笑いを浮かべた。

 そんな牧平だが「今年の目標はKrushのチャンピオンに返り咲くこと」と宣言。昨年1月に渡部太基に奪われ、現在は塚越仁志がその腰に巻くKrush -67kgのベルトに照準を合わせた。

「自分が2年間持っていたKrushのベルトは、やっぱり自分に一番ふさわしいと思っています。そして、9月のK-1トーナメントにも出場して、リベンジしたい日本人選手がたくさんいるので戦いたいです」と、王座奪回&リベンジに向けて奮起している。

※ 3・3「Krush.74」の試合結果  

●編集部おススメ記事
4連敗の牧平が背水の陣でKENJIと激突
牧平、グレゴリアンの強打の前に力尽きる

 

新着情報




【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック