TOP > ニュース

【UFC】サンピエールの復帰戦がミドル級タイトルマッチに決定

2017/03/06(月)UP

2006年にマットヒューズをTKOに下して、UFCウェルター級の新王者となったサンピエール(写真撮影=高島学)

 3月1日(水・現地時間)元UFCウェルター級王者ジョルジュ・サンピエール(35=カナダ)の2013年11月以来となる復帰をUFCが正式に発表。復帰戦でミドル級王者マイケル・ビスピン(38=イギリス)に挑戦することも決まった。

 サンピエールは6年以上もの間無敗をキープし、9度のUFCウェルター級タイトル防衛を果たしたトップスター選手だ。7歳で極真空手を習い始め、レスリングやブラジリアン柔術、ボクシングを経験。2002年1月に20歳でMMAプロデビューし、2004年1月からUFCに参戦した。
 
 2006年11月にはUFCウェルター級王座を初戴冠。2007年7月の初防衛戦で敗れてまさかの王座陥落となったが、翌年8月に再び頂点へと返り咲いた。その後も連勝を続け、2013年11月にジョニー・ヘンドリックスの挑戦を退けて9度目の防衛に成功。この翌月に会見を開き、王座返上と長期休養を表明することとなった。

昨年10月にダン・ヘンダーソン(右)の挑戦を退けて初防衛に成功したビスピン(左)By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images

 そのサンピエールが約3年ぶりとなる復帰戦で拳を交えることになったのが、昨年6月にUFC参戦10年目にして初戴冠を果たしたミドル級王者ビスピンだ。

 ビスピンは日本の古流柔術とキックボクシングをベースに持ち、これまでに37戦30勝7敗の戦績を収めているベテラン選手。昨年6月にルーク・ロックホールドを初回KOに下して王座を奪取、10月にはダン・ヘンダーソンを破り初防衛に成功している。現在5連勝中と好調だ。

 約3年ぶりの復帰戦でいきなり王座に挑戦するサンピエール。階級もかつてのウェルター級ではなく一つ上のミドル級となり、どのような戦いを見せるかが注目される。

 なお、タイトルマッチの日程等の詳細は決定次第、UFCから発表される。

●編集部おススメ記事
GSPがマット・ヒューズを下し、ウェルター級の頂点へ(2006年11月18日)
引退宣言のヘンダーソン惜敗、ビスピンが逆転勝利で王座防衛

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック