TOP > ニュース

【新日本キック】王者・斗吾「王座は死に物狂いで守る」

2017/03/09(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

剛腕の持ち主である斗吾が防衛戦を迎える

 3月12日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『MAGNUM 43』のトリプルメインイベント第1試合で、日本ミドル級タイトルマッチを争う王者・斗吾(伊原道場本部)のコメントが主催者を通じて届いた。

「今まで通り何も変わらず、順調に体調を整えています」と斗吾。29勝(21KO)9敗4分という戦績が示す通りの剛腕の持ち主で、引き分けを挟んで連勝街道を突き進んでいる。

 挑戦者の同級1位・今野顕彰(市原ジム)とは2015年9月20日に日本ミドル級王座決定戦で対戦し、壮絶な打ち合いの末に斗吾が3RにKO勝ちして王座を獲得しているが、「今野選手は僕に負けてから全ての試合をKOで勝っているので、全く油断はしていません」と警戒は怠らない。

 今野の印象は「パンチとヒジが上手いと思います」というものだが、「僕も10年かけて獲ったベルトなので死に物狂いで守ります。このベルトは僕のベルトです。伊原道場のベルトなので誰にも渡しません」と絶対死守を誓った。

●編集部オススメ記事
・2015年9月の王座決定戦は壮絶な打ち合いに 
・韓国人選手を剛腕で圧倒した斗吾

【大会・チケット情報】 3・12 新日本キックボクシング協会 「MAGNUM 43」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック