TOP > ニュース

【パンクラス】7連勝6KOの“殺戮フナ”が連続参戦

2017/03/22(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

長南のキャッチフレーズ“殺戮ピラニア”にあやかって“殺戮フナ”と呼ばれる若松(左)と、ノンタイトル戦で前王者・神酒を破った古間木(右)

 5月28日(日)東京・ディファ有明で開催される『PANCRASE 287』の追加対戦カードが発表された。

 2016年の新人王&MVPでパンクラス・フライ級6位の若松佑弥(TRIBE TOKYO M.M.A)が、同級9位・古間木崇宏(パラエストラ八王子)と対戦する。

 若松は元DEEPウェルター&ミドル級王者・長南亮率いるTRIBE TOKYO M.M.Aに所属する22歳。プロデビューは2015年。持ち前の強打でアグレッシブに攻めるファイトスタイルを武器に、昨年行われたパンクラスの新人王トーナメント「ネオブラッドトーナメント」では、3試合すべてをTKO勝ちで制し、MVPも獲得。3月12日の『PANCRASE 285』でも1R2分49秒でTKO勝ちし、7連勝6KOと波に乗っている期待の新星だ。

同大会には同じく3月大会に参戦した同門の三浦彩佳(左)も連続参戦。中央は長南

 師匠の長南に“殺戮ピラニア”というキャッチフレーズが付いていたことから、若松は“リトル・ピラニア”と呼ばれていたが、試合内容が良くなかったことからランクが下がり“鮒(フナ)”になったという。

 対する古間木は昨年12月にパンクラス・フライ級王者の神酒龍一とノンタイトルで対戦し、パンチ連打で苦しめて大番狂わせの勝利を飾った。柔道二段で、奇しくも長南が主催している『TTF CHALLENGE』での勝率がいい。若松が連勝記録を更新するか、それとも古間木が上位ランカーを喰うのか。

 また、フライ&ストロー級で長きにわたってトップ戦線に君臨するパンクラス・ストロー級5位の江泉卓哉(総合格闘技道場 武門會)が前山哲平 (AACC)と対戦する。

●編集部オススメ記事
・期待の新人王・若松佑弥「フナからピラニアに戻りたい」 
・若松が1RでTKO勝ち、7連勝

<追加決定カード>

▼フライ級 5分3R
若松佑弥(TRIBE TOKYO M.M.A/パンクラス・フライ級6位)
vs
古間木崇宏(パラエストラ八王子/パンクラス・フライ級9位)

▼ストロー級 3分3R
江泉卓哉(総合格闘技道場 武門會/パンクラス・ストロー級5位)
vs
前山哲平 (AACC)

▼バンタム級 5分3R
佐久間健太(パラエストラ柏/パンクラス・バンタム級5位)
vs
福島秀和(BL0WS/パンクラス・バンタム級6位)

▼OASISプレゼンツ 第23回ネオブラッド・トーナメント・バンタム級準決勝 3分3R
山本哲也 (SUBMIT MMA)
vs
萩原一貴(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)

▼OASISプレゼンツ 第23回ネオブラッド・トーナメント・バンタム級準決勝 3分3R
髙城光弘 (リバーサルジム横浜グランドスラム)
vs
坂野周平 (マルワジム横浜)

【大会・チケット情報】 5・28 パンクラス「PANCRASE 287」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る