TOP > ニュース

【修斗】TUFファイナリスト扇久保の対戦相手はUFC経験者に決定

2017/03/30(木)UP

扇久保(左)の国内復帰戦の相手はUFC出場経験を持つマルティネス(右)に決定

 4月23日(日)千葉県・舞浜アンフィシアターで開催の『プロフェッショナル修斗公式戦』に出場する、修斗世界フライ級王者・扇久保博正(パラエストラ松戸)の対戦相手が発表された。

 扇久保と対戦するのはUFC参戦経験を持つダニー・マルティネス(アメリカ/ALLIANCE MMA)。ブランドン・ヴェラやクリス・リーベンなどを有する名門ALLIANCE MMA所属の31歳だ。

 すでに10年を超えるプロキャリアを持ち、戦績は28戦21勝7敗。数々のアメリカ軽量級ビッグネーム達と凌ぎを削り、9つのKO・TKO勝ちと5つの一本勝ちを収めてきた。

 様々なプロモーションを渡り歩き、2014年から2015年にかけて参戦したUFCでは4試合に出場。1勝3敗の戦績を残している。その後も地元アメリカの大会に出場し、現在3連勝中と好調をキープした状態で初来日を果たすこととなる。

3・24後楽園大会に登場し、国内復帰戦への意気込みを述べる扇久保

 マルティネスは「修斗からオファーがあった時は本当に嬉しかったよ。だって子供の頃から日本で試合をすることを夢見ていたからね。幼い頃に憧れていた日本で自分のMMAの技術と実力を見せられる機会を与えてくれた修斗の皆さんには感謝しています」と主催者を通じてコメント。

 試合に向けて、「対戦相手の扇久保は日本を代表するフライ級のトップファイターだから歴史に残る様な激闘になると思うよ。もちろん勝利するのは僕だけどね。日本の皆さん、4月23日にお会いしましょう! そして、ダニー・マルティネスの名前を覚えて帰って下さい」と意気込みを伝えている。

 マルティネスとの対戦が決まった扇久保は昨年、アメリカのMMA団体『UFC』との契約を目指すアメリカの選手育成番組「ジ・アルティメット・ファイター」(通称TUF)に出演。世界各国のMMAプロモーションで軽量級のチャンピオンベルトを持つ16名が参加するという豪華版TUFトーナメントで準優勝し、その強さを世界に知らしめた。今回が1年ぶりの国内復帰戦となる。

●編集部おススメ記事
扇久保博正が菅原を圧倒、修斗史上2人目の2階級制覇を達成
UFC契約争奪トーナメント、扇久保は決勝で敗退

<決定対戦カード>

▼フライ級(-56.7kg) 5分3R
扇久保博正(パラエストラ松戸/修斗世界フライ級王者)
vs
ダニー・マルティネス(アメリカ/ALLIANCE MMA)

【大会・チケット情報】 4・23 サステイン「プロフェッショナル修斗公式戦」
  

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック