TOP > ニュース

【K-1】情熱の国から参戦のオルデン「大事なのはハートだ」

2017/03/30(木)UP

トーナメント1回戦で武居由樹と対戦するアントニオ・オルデン

 4月22日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催の『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~』に出場する、WKAスペイン&ヨーロッパ王者アントニオ・オルデン(スペイン)のコメントが主催者を通じて届いた。

 オルデンはスペイン国内でムエタイルールを中心にキャリアを重ね、25勝(2KO)2敗の戦績を収める25歳。長いリーチとサウスポースタイルから繰り出す多彩な攻撃が持ち味で、特にローキックを得意にするという。今大会のトーナメントでは、1回戦でKrush -53kg王者・武居由樹(POWER OF DREAM)と対戦する。

 少年時代はサッカーに明け暮れていたオルデン。ある時にK-1 WORLD MAX 2004・2006世界王者ブアカーオ・バンチャメークが戦う姿を見て、格闘技の道を志したという。今回K-1のリングに上がることになり、「オファーを受けて感激だったよ」と喜びもひとしおの様子。

 1回戦で拳を交える武居の印象については「試合を見たが、とても賢い選手だと思う。好きな選手だね」と好評価。しかし、武居が軽量級でもKO数が多い選手であるという話題になると、「自分が勝つことは間違いない。今までがどうだ、というのは関係ない。大事なのは今、そしてハートだ」と対抗心を剥き出しにする。

 自身の特長については「スペインではみんな俺の構えと戦い方を見て“El Zurdo”(スペイン語で『左利きの名手』の意)と呼んでいるよ」と説明。自分のローキックに注目して欲しいとアピールした。

 目標を聞かれると「まずはトーナメントに優勝すること。それ以外のことは考えていない」と闘志を燃やすオルデン。「俺は期待を裏切らない男なので、優勝予想をするならアントニオ・オルデンにしておいて間違いないだろう」と自信をみなぎらせている。

PHOTO  (C)M-1 Sports Media
 
●編集部おススメ記事
Krush王者・武居由樹、目指すは優勝と足立区アピール
スーパー・バンタム級王座決定トーナメントは日本vs世界4vs4

【大会・チケット情報】 4・22 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」
  

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース