TOP > ニュース

【KNOCK OUT】今回も“キレテル”健太にヒジ打ち勝負要求

2017/03/31(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

計量をパスすると恒例のマッスルポーズを披露したナルシスト健太。今回もキレてる

 4月1日(土)東京・大田区総合体育館で開催される『KNOCK OUT Vol.2』の前日計量&記者会見が、3月31日(金)都内にて行われた。計量は全選手がクリアー。

 毎回際どい極小パンツを履き、自慢の肉体美をアピールするWBCムエタイ日本ウェルター級王者・健太(E.S.G.)。今回もリミットちょうどの67.5kgで計量をパスすると、“キレてる”(筋肉が割れていて筋肉と筋肉の境目がはっきり見えているという意味のボディビル用語。健太はタオルやTシャツなどのKIRETERUグッズを販売している)ことをアピールするポージング。

 対戦するMAX MUAYTHAIスーパーライト級王者ジャオウェハー・シーリーラックジム(タイ)は、67.1kgで余裕のパス。

 健太は「褐色のナルシスト改めプロフェッショナルシスト(ナルシストに対して高いプロ意識を持って取り組んでいるという自作ニックネーム)の健太です」と挨拶すると、ジャオウェハーの顔を見て「プロキャリア初のオセロマッチ。どうなるか楽しみです」と色白の自分と色黒のジャオウェハーをオセロに例えた。

 対するジャオウェハーは終始ニコニコとしながらも、「明日は健太に絶対勝ちます。応援してください。健太選手、戦いをやりましょう」と健太に言い放つ。

 健太が「ヒジの打ち合いが期待されていますが、僕は勝利至上主義者なので一番勝てる確率が高い方法で戦います。その結果、ヒジを打つのが一番勝つ確率が高いと思いました」と言えば、ジャオウェハーは「健太も私も両方ヒジ打ちが得意だ。明日はヒジの戦いをやりましょう。そして、僕が健太を倒します」と勇ましくヒジの打ち合いは臨むところだと受け止めた。

●編集部オススメ記事
・健太の相手は宍戸大樹をヒジで葬ったムエタイ戦士 
・“キレてる”健太「真っ向勝負で復活祭にする」
【試合動画】ゲーオが健太のヒジでまさかの流血
 

【大会・チケット情報】 4・1 キックスロード「KNOCK OUT vol.2」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック