TOP > ニュース

【Krush】新王者・中澤が所信表明「倒しに行くのが格闘技」

2017/04/03(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

一夜明け会見に出席したKrush -65kg新王者・中澤純

 4月2日(日)東京・後楽園ホールに1,850人(超満員札止め=主催者発表)の観衆を集めて開催された『Krush.75』の一夜明け会見が、3日(月)都内にて行われた。

 ダブルメインイベント第2試合の「第5代Krush -65kg王座決定トーナメント決勝戦」でRKAウェルター級王者・小宮由紀博(HEAVY CLASS)を判定2-1の接戦の末に破り、第5代王座に就いた中澤純(TEAM Aimhigh)が会見に出席。

 偶発的なバッティングで目じりを切り、顔も腫れた姿で現れた中澤。「試合は一皮剥けたかなと思います。特に相手のこの攻撃が怖いというのはなかったですね。駆け引きの部分では相手がこれを狙っているということを感じながら出来たので楽しかったです」と試合を振り返った。

激闘の傷跡が顔に残る中澤だが、戴冠から一夜明けて安堵の表情を浮かべた

 試合直後は「まだ実感がない」と言っていた中澤。「まだ24時間経っていないので何とも言えませんが、SNSで僕の試合のことをたくさんの人が呟いていたのを見て良かったなと思い、ホッとしている部分が強いです。ベルトと写真を撮ったんですが、自分の顔がなかなかブサイクだったのでまだSNSにはあげていません」と笑った。

 判定2-1と大接戦だったことについて聞かれると、「1・2Rはローが効いていたのが分かったのでとったと思いました。3Rは自分のカットがあってから相手が前に来ていたので見栄えが悪かったかもしれない。でも、もし延長にいっても体力的には僕の方が圧倒的に上だったかと思います」との見解を語る。

 これからどんなチャンピオンになりたいかについては、「もちろんお客さんが喜ぶ試合をやっていきたい。昨日はKOが出来なくて悔しかったんですが、僕は倒しに行くのが格闘技だと思っているので、チャンピオンになっても今まで通り倒しに行く。いい意味で相手を殺しに行く試合をしたいと思います」と意気込む。

 また、試合直後にK-1ファイターの左右田泰臣から挑戦表明があったことについては、「(挑戦者は)主催者にお任せします。僕はファイターなので言われた試合をやっていくだけ。やるならいつでも構わない。強い選手と戦いたいだけです」と、いつでもやってやるとの姿勢を示した。

●編集部オススメ記事
・「Krush.75」の全試合結果 
・中澤、夢はチャンピオンになってマセラティ 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック