TOP > ニュース

【Krush】K-1左右田が他選手をチクリ「僕が一番Krushらしい試合をした」

2017/04/03(月)UP

大のプロレスファンでもある左右田は、お馴染みのオリジナルマスクを着用して会見に出席した

 4月2日(日)東京・後楽園ホールに1,850人(超満員札止め=主催者発表)の観衆を集めて開催された『Krush.75』の一夜明け会見が、3日(月)都内にて行われた。

 Krush初陣を勝利で飾ったK-1ファイターの元RISEスーパーライト級王者・左右田泰臣(K-1ジム・シルバーウルフ)が出席。Krush初参戦の感想やタイトル挑戦などについて語った。

 第6試合のKrush -65kgワンマッチで新鋭・松下大紀(NPO JEFA)を初回KOに下した左右田。この試合は本戦9試合中、唯一のKO決着となった。さらに、左右田はメインイベントの第5代Krush -65kg王座決定トーナメント決勝戦後にマスク姿でリングに登場し、新王者・中澤純(TEAM Aimhigh)に挑戦をアピールした。

 そんな左右田は会見でマイクを握ると、「皮肉なことにK-1ファイターの僕が、一番Krushらしい試合をしてしまったかなと思います。この現状を65kgの他の選手はどう思っているのか? あと昨日はリング上でベルト挑戦をアピールさせていただきましたが、他のKrushファイターは誰も出て来なくて、何のためにKrushファイターをやっているのかと」と、他選手に対する檄とも取れる率直な思いを口にした。

 一方、試合については「楽しかったです。松下選手に引き出してもらったというか、試合前からゾクゾクしました」とポジティブな感想。自身の戦いぶりについては、「昨年から蹴ることを意識し始めて、ムエタイやボクシングのトレーニングの成果とも、だんだん上手く組み合わさって来た感じですね」と評価した。

 中澤に挑戦を表明したことについては、「初めて僕がKrushのリングに上がった日に、ちょうどメインイベントで65kgのタイトルマッチが行われ、運命なのかなと思いました。(気が付いたら)リング上に向かってましたね」と振り返った。

 リング上では「K-1のベルトを巻くための近道として、“まずは”中澤選手が今巻いているベルトを僕がいただきます」と、改めてKrushのベルトはK-1のベルトに近づくための手段であることを強調した左右田。この日も「僕はKrushのリングに上がることになった時から、あくまでK-1のベルトを獲るためと言ってたので、“まずは”とさせてもらいました」と、その姿勢を崩さなかった。
 
●編集部おススメ記事
「Krush.75」の全試合結果 
“新”左右田が公開練習でプロレス技「昔の自分を超える」

 

新着情報




【関連リンク】

TOP > ニュース