TOP > ニュース

【KNOCK OUT】メインを締めくくった森井が壮絶KOを語る

2017/04/03(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

メインイベントで壮絶KO勝ちを見せ、トーナメント準決勝進出を果たした森井

 4月1日(土)東京・大田区総合体育館で開催された『KNOCK OUT vol.2』の二夜明け記者会見が、3日(月)都内にて行われた。

 メインイベントの「KING OF KNOCK OUT初代ライト級王座決定トーナメント」1回戦で、宮越慶二郎(拳粋会)を2Rで壮絶KOに葬った森井洋介(ゴールデングローブ)。小野寺力KNOCK OUTプロデューサーは「あの試合は、見に来てよかったと思っていただけたと思う。宮越選手を完璧にKOするのはそう出来ない。あっぱれです。あれをみて今回のトーナメントが面白くなると誰もが思ったでしょう」と絶賛した。

 いつもはポーカーフェイスの森井も会心のKO劇に笑顔が絶えず、「初めてメインを任されて、ようやくメインらしい試合が出来たのでホッとしたし、凄く嬉しかった。試合後のマイクは何を言ったのか覚えていないです」と試合を振り返った。

小野寺プロデューサーに労をねぎらわれ、恐縮する森井

「まず、自分がやりたいことがバッチリ出来たのが第一。それと宮越選手がスタイルをKNOCK OUT仕様にしてきたと思う。僕を倒しに来た、それで上手くかみ合った部分があった。宮越選手の普段の戦い方だと展開が違ったと思う。お互いに倒しに行く空間があったからこそ、ああいう試合になった」と、宮越もKOを狙って来たから壮絶なKO決着が生まれたと分析。

 また、宮越が森井の師匠・藤原敏男(外国人でムエタイ史上初めてラジャダムナン王座に就いた昭和の名選手)と似たフットワーク技術の持ち主だったことから、「戦ってみて楽しかった。目指しているところ、憧れている選手が一緒だったので、決勝でやりたかったという気持ちもあります。またやりたいとは思います」とも評した。

 これで準決勝進出に一番乗り。残るトーナメント1回戦の3試合は6月17日(土)東京・TOKYO DOME CITY HALLで開催の『KNOCK OUT vol.3』で行われる。

「他の選手は今まで階級が違ったので詳しく見てないが、みんなそれぞれトップの選手で各団体のエースがそろっている。全員と戦ってみたいのはありますが、勝ち上がってきた選手とやりたいです」と、準決勝の相手は誰でもいいとした。

●編集部オススメ記事
・「KNOCK OUT vol.2」全試合結果
・メインの森井「いつも通りKO」宮越「伝説の興行にしたい」 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る