TOP > ニュース

【ラウェイ】初挑戦の浜本「絶対生き残る」

2017/04/05(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

「絶対生き残ってやる」と決意を語った浜本

 4月18日(火)東京・後楽園ホールにて開催される“地上で最も過激な格闘技”ラウェイの第3弾日本大会『Lethwei in Japan 3 ~GRIT~』に出場する選手のコメントが主催者を通じて届いた。

 ラウェイに初挑戦のREBELSで活躍するキックボクサー・浜本”キャット”雄大(クロスポイント吉祥寺)は、「2月大会を生観戦し、参戦したいと思いました」と挑戦する理由はシンプル。

 そして、「今までの人生に後悔はない。傷つきながら厳しい道を突き進む。俺は逃げません。そして“おれが正しかっただろ!生き残ったぞ!”って言ってやります。ラウェイ用に用意してる技が2つあります。絶対生き残ってやる」と決意を語る。

 対戦するティン・タイ(ミャンマー)は「日本へ呼んでもらい本当にありがとうございます。初めての海外試合、飛行機に乗るのも初めてなのでとても興奮しています。対戦相手の選手に敬意を持ち、ラウェイ選手らしい戦いをしたいと思います」とコメント。

体重を増やしながら練習しているというマンは「命を懸けて戦う」

 同じくラウェイに初挑戦する禅道会の空手家・久保輝彦は、「昨年からラウェイ出場に興味がありました。出場する以上勝利出来るよう最善を尽くします」と言い、対戦するソー・ンガ・マン(ミャンマー)は「日本での試合は初めてですが、ラウェイルールで戦う以上命をかけて戦います。前回の試合が75kg契約だったので、今は体重を増やしながら練習しています。ミャンマー重量級選手代表として4月18日は絶対に勝たないといけないでしょう」と必勝を誓っている。

●編集部オススメ記事
・過激格闘技にムエタイ、MMAから日本人初挑戦 
・日本vsミャンマー5対5の対戦カード決定

【大会・チケット情報】 4・18 一般財団法人ILFJ/ファーストオンステージ「バガン遺跡群震災復興支援 Lethwei in Japan 2~GRIT~」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック