TOP > ニュース

【シュートボクシング】ザカリア「海人とは次世代を担う者同士の戦い」

2017/04/07(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

S-cup世界王者ザカリア(左)vs海人(右)のニュージェネレーション対決がメインイベント

 4月8日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『SHOOT BOXING 2017 act.2』の前日計量&記者会見が、7日(金)都内にて17:00より行われた。

 メインイベントで対戦するS-cup65kg世界トーナメント2016優勝ザカリア・ゾウガリー(オランダ)は63.95kg、シュートボクシング(以下SB)日本ライト級1位・海人(TEAM F.O.D)はリミットちょうどの64.0kgでそれぞれ計量をクリアー。

 会見の冒頭でシーザー武志会長は「若手をどんどん抜擢してSBを復活させようと思います。鈴木(博昭)も含めて若手を迎え撃つ壁になるくらいの気持ちで、若手が技術を向上させてくれればいいです」と、若手を育てて行きたいと挨拶。そこで今回「18歳と若い海人をチャレンジさせてみようと思いました」と話した。

 抜擢された海人は、「メインらしい試合をして世界王者を倒します」と頼もしいコメント。それを受け、迎え撃つ立場のザカリアは「海人とは素晴らしい試合になると思っている。私を倒しに来ると言ったが、私もKOしたい。お互いがKOを狙い合う素晴らしい試合に期待して欲しい」と挨拶。

 さらに、「自分も若い世代だと思っている。これは次世代を担う者同士の戦いになるだろう。しかし、私は海人よりも経験やパワーでは優っている。私はチャンピオンとしてあるべき戦い方をする」と、この試合はSBニュージェネレーション同士の戦いだと語った。

 海人もその言葉を受け、「自分もニュージェネレーションの戦いだと思っているが、SBを背負っていくのはザカリアではなく自分だと思っている」と、堂々と言い放った。

●編集部オススメ記事
・これぞSBの歴史!ザカリアに海人が挑戦 
・ザカリアがTKO勝ちで優勝、大健闘MASAYAは一歩及ばず

【大会・チケット情報】 4・8 一般社団法人シュートボクシング協会 「SHOOT BOXING 2017 act.2」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る