TOP > ニュース

【巌流島】谷川貞治Pが「前田日明さんみたい」と期待するヘビー級超新星

2017/04/11(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

30年以上、格闘技を見続けてきた谷川Pが「前田日明さんみたいな体格的に恵まれた逸材」と評したシビサイ

 5月6日(土)千葉・舞浜アンフィシアターで開催される『巌流島 WAY OF THE SAMURAI 2017 in MAIHAMA ニッポンの底力! ニッポンの未来!』。

 今大会に初出場する日本ヘビー級ファイター期待の星であるシビサイ頌真(=しょうま/柔術/日本)は1991年3月11日生まれの26歳で、身長193cm・体重105kgのヘビー級の体格を誇る。

 元・格闘技雑誌の編集長であり、K-1プロデューサーでもあった谷川貞治・巌流島プロデューサーは「これまで30年以上、格闘技を見続けているけれど、これほど日本人のヘビー級で体格的に恵まれた逸材はほとんど見たことがない。K-1でいえば、佐竹雅昭や武蔵、京太郎を一回り大きくした感じ。極真出身の中村誠師範や八巻建弐さんよりデカイ。唯一、思い当たるのが前田日明さん。新日本プロレスでデビューした頃の前田さんみたいな大きさですよ」と太鼓判を押す。

 ラオス人の父と日本人の母を持つハーフで、ルックスも良く、巌流島サイドは「とんでもないスター候補が現れた」と大きな期待を寄せている。12歳で柔道を始め、19歳から柔術を学び現在は茶帯。これまでDEEP、ZST、GRACHAN、HEAT、Krushなどのリングに上がっており、MMA(総合格闘技)戦績は4勝1敗1無効試合、キックボクシングは1戦1分。

 軽量級が中心となっている現在の日本格闘技界だが、ヘビー級のニュースターとなることが出来るか。シビサイはナイジェリアの部族格闘技「ダンベ」の使い手ホンシュウ・ビワコ(ダンベ/ナイジェリア)と対戦する。

●編集部オススメ記事
・日本ヘビー級期待の星が初参戦、アフリカ部族格闘技の使い手と激突 
・ボビーがアフリカ幻の格闘技を送り込む 

【大会・チケット情報】 10・21 巌流島・実行委員会/ひとだんらく「巌流島 全アジア武術選手権大会 2016 in TOKYO」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース