TOP > ニュース

【UFC】元女王ホルムの再起戦がシンガポール大会メインに決定

2017/04/13(木)UP

6・17シンガポール大会のメインイベントはホルム(左)vsコヘイア(右)に決定

 6月17日(土)シンガポール・インドア・スタジアムで開催される『UFC FIGHT NIGHT Singapore』のメインイベントが発表された。元UFC女子バンタム級王者ホリー・ホルム(アメリカ)が同級10位ベチ・コヘイア(ブラジル)と激突する。

 ホルムは女子プロボクシングで世界3階級制覇した実績を持ち、2011年にMMAプロデビュー。9戦全勝で迎えた2015年11月のUFC女子バンタム級タイトルマッチで、当時絶対女王の座に君臨していたロンダ・ラウジーをKOして王座奪取に成功した。

ラウジー(左)の顔面にパンチを打ち込むホルム(右)

 しかし、昨年3月の初防衛戦でミーシャ・テイトに一本負けを喫して王座から陥落すると、続く7月にはヴァレンティーナ・シェフチェンコにも判定負け。今年2月には階級を上げて初代UFC女子フェザー級王座決定戦に臨むも、ジャーメイン・デ・ランダミーに判定負けを喫して3連敗に。今大会は再びバンタム級に戻しての正念場となる。

2月の初代UFC女子フェザー級王座決定戦ではランダミー(左)に敗れて3連敗となったホルム(右)

 対するコヘイアもプロデビューから9戦全勝で2015年8月にラウジーに挑むも、1Rわずか34秒でKO負け。昨年4月にはラケル・ペニントンに判定で敗れて2連敗となった。しかし、以降はジェシカ・アイに判定勝ち、マリオン・レノーに引き分けと復調している。
 
 ともに13戦10勝の戦績を収める両者。ホルムが悪夢の3連敗から脱出を果たすか。それとも、コヘイアが上位戦線浮上につながる勝利を収めるか。

●編集部おススメ記事
ランダミーvsホルムの初代UFC女子フェザー級王座決定戦
ラウジーKOしたホルムをシェフチェンコが破る番狂わせ

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース