TOP > ニュース

【UFC】廣田瑞人の2戦目決定、連勝なるか

2017/04/19(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

昨年12月のUFC復帰戦でコール・ミラー(左)に勝利した廣田(右)(By courtesy of Zuffa LLC / Getty Images)

 6月10日(土)ニュージーランド・オークランドで開催される『UFC FIGHT NIGHT:Auckland』に、元DEEPライト級王者・廣田瑞人(ひろた・みずと/CAVE)の参戦が決定した。

 ボクシング仕込みの強打を武器とする廣田は、2009年に戦極(SRC)ライト級王座、2011年にDEEP同級王座を獲得。2013年にUFCと契約を果たしたが、2連敗を喫してリリース(契約解除)となった。しかし、2015年にUFCとの契約を懸けたトーナメント『ROAD TO UFC JAPAN』を勝ち抜き、UFCとの契約を再び手にした。UFC復帰戦となった昨年12月の『UFC FIGHT NIGHT』では、コール・ミラーを破りUFC初勝利。

 今回対戦するアレックス・ボルカノフスキー(オーストラリア)は、14勝のうち9勝がKO・TKOという強打の持ち主。2015年12月にはグアムの『PXC』で現在RIZINで活躍している矢地祐介から一本勝ちを収め、PXCフェザー級王座の奪取に成功。2016年11月のUFC初戦では粕谷優介からパウンド連打によるKO勝ちを奪っている。

 廣田は日本人随一の強打とボクシングテクニックで、日本人相手に2勝を収めているボルカノフスキーとの打撃戦を制することが出来るか。

●編集部オススメ記事
・再契約の廣田が初勝利、水垣は2連敗 
・石原“夜叉坊”前歯折るも廣田との決勝はドロー  

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース